« 新喫煙室 | トップページ | 抜群に面白いビジネス書「創刊男の仕事塾」 »

読ませるスパムとフランクリンプランナー


たとえそれが99%のユーザにとってスパムであっても、1%のユーザには有益であれば、送信する価値はある。だいたい広告というものはそうした前提で作っているのだろう。99%の受け手に害がない事が前提だが。

さて、以前のエントリで、これは感動的に読ませるスパムメールだと紹介したが、今日のそれは「時間」をテーマにしたスパムだ。スパムもここまで行くと感動的ですらある。

タイトル:時間の価値

1年の価値を知るには
卒業試験に落ちた学生に 聞いてみなさい
1ヶ月の価値を知るには
未熟児を産んだお母さんに 聞いてみなさい
1週間の価値を知るには
週刊誌の編集者に 聞いてみなさい
1時間の価値を知るには
会うのが待ちきれない恋人達に 聞いてみなさい
1分の価値を知るには
電車やバス、飛行機に乗り遅れた人に 聞いてみなさい
1秒の価値を知るには
事故で生き残った人に 聞いてみなさい
千分の1秒の価値を知るには
オリンピックで銀メダルを獲った人に 聞いてみなさい
時間は待ってくれません
あなたの持っている全ての時間を大切にしなさい
そしてここで全てを発散しなさい

そして、これをGoogle等で調べてみると「そしてここで全てを発散しなさい」はどうもウソっぽく。どうも正しい続きがある模様。

だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。
そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだから、
十分に大切にしましょう。
その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。
そして、時は誰も待ってくれないことを覚えましょう。昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。
明日は、まだわからないのです。
今日は与えられるものです。
だから、英語では今をプレゼント(=present)と言います。

どうもこれが正しそうな気がする。本当かどうかはもう少し調べないといけないが…

さらに、以前のエントリでフランクリンプランナーを愛用し始めたと記した。このフランクリンプランナーは、恐ろしい程に時間の大切さを感じさせるものである。

時間は全ての人に平等に与えられている資源という言葉があるが、真剣にこれをコントロールして、最大限に生かして、人生を有意義なものにしようとすると、恐ろしく時間は大切だと実感出来る。

最近、タバコを辞めた事も、このブログで記しているが、タバコを吸っている時間さえ惜しいと感じてしまうのである。それで先の時間の大切さを唱っている詩の、さらに原点と思われるものが、スティーブン・R. コヴィー つまりフランクリンプランナー繋がりの7つ習慣にあった。

1年の価値を知るには、癌を宣告された女性に聞きなさい
1ヵ月の価値を知るには、月足らずに生まれた子供の親に聞きなさい
1週間の価値を知るには、週刊誌の編集長に聞きなさい
1日の価値を知るには、家族を養うために日給で働く労働者に聞きなさい
1時間の価値を知るには、再会を待ちこがれる恋人たちに聞きなさい
1分間の価値を知るには、最終電車に乗り遅れた人に聞きなさい
1秒の価値を知るには、交通事故で死を免れた人に聞きなさい
1000分の1秒の価値を知るには、2位でゴールした選手に聞きなさい
あるいは、金メダルを手に入れた選手に聞きなさい。
時間の価値、
それは人生の価値である。

この詩を見たとき、私は実は共感出来なかった。つまり、そうした時間の大切さは「普通の人には実感出来ないものだ」という様な感想を持ったためだ。だが、体験せずとも意識が変わると、理解も変わる。この意識が変わるというところが、フランクリンプランナーを使った成果かも知れない。

« 新喫煙室 | トップページ | 抜群に面白いビジネス書「創刊男の仕事塾」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/9723339

この記事へのトラックバック一覧です: 読ませるスパムとフランクリンプランナー:

« 新喫煙室 | トップページ | 抜群に面白いビジネス書「創刊男の仕事塾」 »