« iPhone狂騒曲 | トップページ | ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 »

ドジャース・斎藤 オールスター出場!



ドジャース・斎藤 37歳夢舞台 大リーグ オールスター出場選手発表(中日スポーツ)

36歳でのメジャーリーグ挑戦は、先日書いた桑田選手同様にとても旬ではない時期のはず。でも余程チャレンジしたかったんでしょうね。よっぽどでないとそこまで行けない

ドジャースのリトル監督に呼ばれて「決まったよ」と告げられた時、斎藤の頭に 真っ先に浮かんだのは「あきらめてなくて良かった」だった。

 「選ばれて良かったということよりも、ここまで来た過程の方がウワァーと
フィードバックしてきた。何をやるにも遅すぎることはないのかなと。ユニホーム
を脱ぐ潔さも大事かなとずっと思っていたけど、着続ける勇気みたいなものが、
こんなふうになるんだなと思った」

ちょうど、自宅でニュースを見ていた時に、出場インタビューをやっていて、見ていてジーンとしてしまいました。そのジーンとしたインタビュー記事はネットでは見当たらないのです‥。ちょっと思い出して書いてみると




これで最後の一球かも知れない、これが最後のマウンドかも知れない、と思って投げてきた

確かそういったコメントだった(と思う)。

* * *

Grad_jobswalksthumb

桑田選手の記事にも引用したのですが、AppleのCEO Steve Jobs が Stanford 大学の2005年卒業式での演説(Commencement Speech)にもあります。私の最も好きなメッセージですので、マタマタここにも書いてしまいます。

'You've got to find what you love,' Jobs says

My third story is about death.

When I was 17, I read a quote that went something like: "If you live each day as if it was your last, someday you'll most certainly be right." It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: "If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?" And whenever the answer has been "No" for too many days in a row, I know I need to change something.

GMOインターネットのCEOである熊谷氏のブログにて「これは、僕が毎日考えている事です。すべての人に共有したい優先順位の見分け方です。」と記している、重要な考え方、究極のY or N 選択なのですね。

* * *

最後に斎藤選手自身のブログがあるので、応援メッセージを年甲斐もなく書いてしまいました。

« iPhone狂騒曲 | トップページ | ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/15637741

この記事へのトラックバック一覧です: ドジャース・斎藤 オールスター出場!:

« iPhone狂騒曲 | トップページ | ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 »