« OBII 第5回ミーティング「SNSのAPI公開とWidget」に参加した | トップページ | イノベーションで大事な事 »

政見放送なんかよりもYouTube使ったら?(Web2.0選挙)

今週末に参議院選挙があるが、電車の中吊り広告のゴシップっぽいネタ以外に、今回の選挙での立候補者や政党の訴える内容が全然伝わってこない。こりゃいかんという事で、この場合の唯一の情報源である新聞を見てみるが分からん。

Webの世界でYouTubeがセンセーショナルだったのは「百聞は一見にしかず」を体現した点にある。どんな内容を言ったのかは文字でも伝わるが、どんな表情で声で顔で言ったのかは、コミュニケーション上でもとても大事なこと。

米国大統領選挙に関連した話として、Ron Paulという候補者がネットワーク分散的Web 2.0キャンペーンを展開しているという記事があった。

Paulが各種Web2.0ツールを利用して勢いに乗ることに成功したことはすでに選挙キャンペーンのあり方に影響を与え始めている。将来はさらに影響が広がっていくだろう。

とても羨ましい限りである。少なくとも彼の言っている様子は、記事にある通りYouTubeで見られる。
また彼の活動状況もまさに「Web2.0」なのである。



いったいWeb2.0素材をどの様に使っているか?という点について、記事を見ると以下のような代表的な例が記載されている。(全部みたい方は元記事参照願います)

Blog ほとんどの記事がキャンペーンのスタッフ
Digg Paul関連のDigg記事が4桁に達しているのは驚くべき成果
Facebook 1.5万のユーザを集めた活動拠点
Flickr キャンペーン宣伝用+舞台裏/ハプニング
YouTube キラーアプリ Videoを放映し接有権者にメッセージを伝えることが可能になっている

Paulは、Web 2.0ツールを利用すれば、ある問題に関心のある人々に直接メッセージを届けることができること、Paulを依然として無視し続けているメインストリーム・メディアが次第に無意味になっていくことを実証している。 Web2.0はもちろんまだメインストリーム・メディアに取って代わる 存在ではない。しかしPaulの成功によって、その日が着実に近づいているといえるだろう。 しかしYouTubeは最良のWeb2.0伝達手段ではある。

羨ましい。日本の候補者が全部やれとは言わんから、せめてYouTubeだけでいい。今のYouTubeには(言っては失礼だが)ネタとして面白いからという理由だろうと思われる政見放送しか載ってない。

ブログも含めて、こうした活動は法的に問題あるという事らしいが、時代遅れもはなはだしい。例えば選挙カー活動だけは辞めて欲しい。本当にうるさい、騒音公害なのだ。その代わり(と言っては何だが)スパムメールは10通ぐらいまでは許す。

少子化対策としてお金を配るといったポジティブ面のアピールはいい、でもその代替となる増税とかのネガティブもちゃんとバランスよく説明して欲しい。増税の価値があると判断すれば支持するはずだ。要するにそうした「コミュニケーション」を取って欲しいのである。

【もっと役に立つサイトを見る】
動画共有サイトの政見放送は「不公平」か?
【重要】公職選挙法に抵触するおそれのある動画投稿に関して
[ゴーログ]公職選挙法に抵触しないブログ活用のために

【追記】
7/21付け読売新聞に、各政党がサイト更新するだけでなく、どうも自己陣営に有利な使われ方もされているらしいという記事がありました。
だからそうしたヤラセとかツクリなんかのビデオが出回るより、オリジナルの方が強いはずなので、ちゃんとしたものを出して欲しいと思う。
中田選手の活動は大変いいと思うのですが、折角だからそれを生かして欲しい。

【再追記1】
公選法、ネットでなし崩し」もう完全に実態が追いついていない気がする(まとめ)記事です。

【再追記2】
米国大統領選挙に関連し、討論に対する質問をYouTube+CNNで実施との事(まだ結果等は見ていないのですが)From Ad Innovator
生で討論会に質問を投げるよりもある程度安全で、なおかつ公開性を持っているあたりはスゴイ事例です。


ブックマークに追加する

Apple Store(Japan)

« OBII 第5回ミーティング「SNSのAPI公開とWidget」に参加した | トップページ | イノベーションで大事な事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/15831588

この記事へのトラックバック一覧です: 政見放送なんかよりもYouTube使ったら?(Web2.0選挙):

« OBII 第5回ミーティング「SNSのAPI公開とWidget」に参加した | トップページ | イノベーションで大事な事 »