« 「ココロスキャン」に見るイノベーションとゲームの関係 | トップページ | iPhoneを触ってみると »

話題の「修悦体」


ネットで話題になっている「修悦体」。

何の事か分からない人も多いと思うが、大工事中の新宿駅でガムテープで非常にキレイなフォントで正確な行き先が書いてある。
詳細は情報源1  情報源2  情報源3 等を見て頂きたい。

大工事中の新宿駅で、人の行き先を正確に教えたいという事で始めたとの事。上記情報源2は実際にインタビューした内容で記されていて、話がとても面白い。

ココロを掴むためには手を抜いてはいけない。

とても勉強になりました。とおもしろがっているだけでなく、ドラッカーの本に何か似た話が載っていたような気がして再度読み返してみました。


「私の人生を変えた七つの経験」(プロフェッショナルの条件)より
ギリシャの彫刻家フェイディアスは、紀元前440年ごろ、アテネのパンテオンの屋根に建つ彫刻群を完成させた。それらは今日でも西洋最高の彫刻とされている。だが、彫像の完成後、フェイディアスの請求書に対し、アテネの会計官は支払いを拒んだ。 「彫像の背中は見えない。誰にも見えない部分まで彫って、請求してくるとは何事か」と言った。それに対してフェイディアスは次の様に答えた。 「そんなことはない。神々が見ている」

今まで神しか見ていないであろう箇所の手を抜いたり、妥協したりした事の積み重ねしかない私ですが、冒頭に引用させてもらった言葉「ココロをつかむためには手を抜いてはいけない」が非常に重い言葉に聞こえて来ました。


ブックマークに追加する


【追記】
常に新鮮な話題提供のデイリーポータルZにて、「「新宿駅ガムテープ道案内」の作者実演をみた!」と題した「修悦体」ライブ特集を組んでいた。サスガに芸術性の匂いのするガムテープ作品は引力が違う様だ。



アット・ニフティストア

« 「ココロスキャン」に見るイノベーションとゲームの関係 | トップページ | iPhoneを触ってみると »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/16160688

この記事へのトラックバック一覧です: 話題の「修悦体」:

« 「ココロスキャン」に見るイノベーションとゲームの関係 | トップページ | iPhoneを触ってみると »