« シリコンバレーの恩人 | トップページ | ビリーズブートキャンプはブログ上でどう語られたのか? »

中米戦線異常なし?


先月にグアム島沖にて米軍の演習があったそうです。しかも空母が3隻というからには相当な気合の入れようです。
現在のアメリカの敵はとにかくテロリストだろう等と思っていたのですが、色々な記事を俯瞰してみると、こうしたプレゼンスの発揮は明らかに中国を意識しています。

【記事】
米軍統合演習始まる グアム近海に3空母群、2万人集結

そのためには仲間(?)である日本・韓国はいいとして、北朝鮮も放置しておくと面倒です。(力は全然ないのですが、読めないという意味で危険)そのために6各国協議をなんとしてでも進めて「平定」しておかないと危ないです。

【記事】
米大統領、北朝鮮の核進展を評価 豪首相と会談

そうした勝手に点と線を結んで考えてみたのですが、その目的と現状を見てみると、もう始まっているんじゃないですか!…


まずは惚けて惚け通せるサイバー系から始める、と。
U.S. Pentagon Hacked by Chinese Military
米国防総省にハッカー侵入 「中国人民軍」の報道

実は潜水艦というまさに「水面下」でも相当ヤッテいるという話も あち こち のブログで見ます。

最後に目的なのですが、エネルギー大喰らいの中国としては東シナ海のガス田も確保もそうでしょうが、中東からのオイルラインは死守しないといけないところです。そこで、

このシフトはアジアの石油を守っているのだというのだ

つまり逆に言えば、中国の喉元はアメリカが押さえているという事を「明白」に見せるパフォーマンスが、今回のグアム演習の目的なのでしょう。

中国が台湾近海で、(これに匹敵するかどうかは分からないが)相当規模の「対抗」演習を、したら「その喧嘩、買います」と言ったようなもの。

う〜ん。次官ごときつまらん事で大臣がコロコロしていて本当に大丈夫か?危機感あるのか?庭先でスーパーパワーが睨み合っていて、自分達の喉元も危ないというのに。



ブックマークに追加する

アット・ニフティストア

« シリコンバレーの恩人 | トップページ | ビリーズブートキャンプはブログ上でどう語られたのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/16354605

この記事へのトラックバック一覧です: 中米戦線異常なし?:

« シリコンバレーの恩人 | トップページ | ビリーズブートキャンプはブログ上でどう語られたのか? »