« 熱湯経営(「大組織病」に勝つ)これは熱い! | トップページ | AMNブログイベント第六弾『ブログと広告』に参加 »

ビジネス成功の方程式(の一部かも‥)


なんか大それたタイトルを掲げてしまったが、3冊のビジネス書から1つの方程式が描けた気がした。

その3冊とは以下の本である。これまで何度もこのブログに登場させてきた本達で、ますます大事になってきた。ここから特徴のあるキーワードを拾ってリンクさせると、ある事が見えてきた。

・「熱湯経営」:「スピードは最大のサービスだ」
・「成功のコンセプト」:「スピードが未来を決める」
・「プロフェッショナルの条件」:「強みを知る」

ファーストキーワードである「スピード」が重要な要素であると分かる。これについて考えて、リンクさせてみて、混ぜて考えてみた。

スピードを上げるには、やるべき事が他人事ではなく自分事でないと(当たり前だが)ダメだろう。人の頼まれ仕事を早くやるなんて、一番やりたくないパターンだ。そう、自分でちょっと考えてみれば分かる。
※第一項:やるべき仕事が自分事

自分事にするためには、その仕事を好きでしょうがないという状況でないと「気」が入らない。単に自分の担当している仕事だと思っているうちは、それ以上の領域まで行かない。単なるToDoである。
※第二項:仕事が好きな状況か領域

そうやって考えて方程式を組み立ててみた‥


自分の得意技が炸裂するような好きな領域においてのみ、仕事が好きでしょうがない状況となる、そういう状態は、自分の仕事上の強みを俄然 発揮するだろう。当然「気」が入る。すると次から次へと仕事の項目を進めたくなるし、成功のイメージも持てるだろう。

すると、スピードも自ずと上がっていく。
※加速要因の法則

そう、これが方程式(仮説)の本質である。

この方程式をグラフ化してみると、「スピードは最大のサービス」となり、「スピードが未来を決める」事が描ける。この絵は、「ファーストムーバーズ・アドバンテージ(要するに「早い者勝ち」)」を勝ち取った絵である。

ビジネスにおいては、それらは「仕事」であろうから、この加速の方程式が成功の方程式である可能性が高い気がした。

成功の方程式は、こればかりではないだろうから、これからは「スピード」というパズルのピースを持って、他の要素を探していこう。



ブックマークに追加する

アット・ニフティストア

« 熱湯経営(「大組織病」に勝つ)これは熱い! | トップページ | AMNブログイベント第六弾『ブログと広告』に参加 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/16786919

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス成功の方程式(の一部かも‥):

« 熱湯経営(「大組織病」に勝つ)これは熱い! | トップページ | AMNブログイベント第六弾『ブログと広告』に参加 »