« 無限のオポチュニティ | トップページ | 事実について毅然と書く姿勢 »

ブロガーはユーザ代表なのか?


自身のブログエントリで「ブログマーケティングと顧客満足度」という、ブロガーは親近感をもてる、読者とほぼ同じ目線のユーザ代表という、ブログ読者の認識を利用している感じがする、という事を書いた。

見方によってはブロガーの批判になってしまいそうな論旨だが、ブロガーがどうあるかは別にして、とにかく読者からすればそういう視線である。

10/1に毎日jpという毎日新聞系のWebニュースサイト公開に先立って、ブロガーを呼んで記者発表を実施したらしいが、ちょっとした認識ズレが起きたらしい。

企業からすると、ブロガーは広告媒体の1つという認識の延長だと、様々な認識のズレが生じるわけだ。「ブログに書いて欲しいんだな」とか言われてしまったりして、結構逆効果という事もある。(毎日jpはそうでないとの事です)
もし、すべての領域において、既に「フラット化」されているという認識に企業側が立ち、ブロガーを「読者の沢山いるメディア」という認識されると、今度はブロガーが認識ズレに困る事になるな、という感じを持った。

単純な言い方をすれば、ある程度読者がついて、他の媒体に意識される様になれば、それは立派なメディアなので、同等に扱う、とされても仕方ないのかも知れない。

そうしたズレとは多分違うだろうけど、企業とブロガーのズレがあったようです。


発表会にブロガーを呼ぶ、ということ

ブロガーはいわば、「毎日jp」のオープン後に実際のユーザーとなる人々の代表です。彼らの視点・彼らが関心を持つことは、善し悪しは別として、記者の方々とは自ずと異なるでしょう。「ブロガーに助言して欲しい」と宣言するのであれば、例えばPCをブロガー分用意して、ベータ版のサイトを体験してもらいアドバイスをもらうということもできたはずです。方法はとにかく、従来の記者会見と同じ姿勢で臨んでいては、とてもブロガーの力を借りるということなどできないのではないでしょうか。

「毎日jp」はどうすべきだったのか?

そして。記者会見に「ブロガーを呼んだ」ということ自体が記事になる。実際に日経ITPLUSもITmediaも写真付きで紹介していた。ブロガーをひとかたまりにした理由はそういった絵的な配慮でしょう。
 主催者側からしてみればブロガーがエントリーを書く影響よりも、そちらの方を重視していたと思う。ぶっちゃけ、来たブロガーがどれだけ騒いでも別にいいやくらいの気持ちだったんじゃないかしら(笑)。


今回の件から言える事は、ブロガー個々の認識を踏まえて、メディア扱いした方がブロガーの認識と合致する場合は記者扱いとし、やはりユーザ代表という認識でいた方が良ければ、記者発表会の日の夕方に懇談会として開催して呼んだ方がいいんでしょうね。

でも、ここはやはり「ユーザ代表」とか「文章の腕の立つユーザ」といった位置付けが正しそうな気がします。



ブックマークに追加する

Apple Store(Japan) アット・ニフティストア

« 無限のオポチュニティ | トップページ | 事実について毅然と書く姿勢 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/16644355

この記事へのトラックバック一覧です: ブロガーはユーザ代表なのか?:

« 無限のオポチュニティ | トップページ | 事実について毅然と書く姿勢 »