« 母校訪問 | トップページ | お客様は神様です »

Zepトリビア


私が音楽特にロックに目覚めた中学生の頃に(仲間内で)ヒットしていた音楽が、今さまざまなシーンで使われていてドキッとしたりする。

でも、きっと今の中学生だって Deep Purple や Led Zeppelin を聞けばドキドキしてギターやドラムをやりたくなるはずだ(と思う)。
そういう意味では時代を超えて通用する、必ずある年齢になるとドキッとするものって素晴らしいと思う。

さて、Led Zeppelinはドラムを息子に変え、(YouTubeを見る限りでは)恐ろしく完成度の高いライブを挙行した。

そんなZepを現代の若者を標的にプロモーションに使っている米国企業を米国広告系メディアが掲載していた。
(もし見れたら実際に見て欲しい)




Image












Check it out, play it on your TiVo, slow it up, reverse it, watch it frame-by-frame and find the Led Zeppelin historical references for yourself. We've found nine connections to Led Zeppelin's heritage, of which I've noted four above.

Hardly a 'Communication Breakdown' in New Led Zeppelin-Verizon Spot

この動画CMには隅々にZepの細かい「仕込み」(仕掛け)が満載で、こういう「トリビア」ものはついついエントリに書いてしまう。

記事では4箇所の指摘があるが、私が気が付いたのはほんの数箇所で、記事にはないツインネックのギターとFenderのアンプがショーケースに置いてあるトリビアを見つけた。
(当たり前だが)見る人が見ればもっと一杯ある(だろう)。

現在の若い人にはさっぱりわからない部分もあるだろうが、好きな人にはたまらなくなるCFで、細かい部分の作り込みをチェックするために何度も見る事だろう。

そして、(ここがVerizonの狙いだが)このエントリの様に、見つけたとか見たとかそうした「クチコミ」をブログやSNSにエントリしていく、クチコミ生成エンジンと化する。

実はこれは携帯電話のCFなのだが、携帯電話自信はほんの数秒しか登場してこない。クチコミを生成する=ネットで話題を生み、それが増殖していく=思わず書いてしまう、(見つけた事とかを)自慢してしまう。

そういう発生の仕掛けには本当にハマってしまう。うまい方法を考えたものだ。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« 母校訪問 | トップページ | お客様は神様です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/17882461

この記事へのトラックバック一覧です: Zepトリビア:

« 母校訪問 | トップページ | お客様は神様です »