« 携帯市場の官製不況 | トップページ | MS買収劇はその後が見もの »

Yahoo!を買収すべきなのはNokiaではないか?


米国マイクロソフトが(米)Yahoo!の買収提案をし、(米)GoogleがYahoo!に助け舟を出しYahoo!自身も買収提案を拒否するらしい、といった報道が昨今賑わっている。

正直言って日本に関係するのかしないのか分からない買収劇で、どちらかと言えば対岸の火事である。確かにマイクロソフト帝国は、ネットにおけるプレゼンスは発揮出来ていないし、Googleの脅威に何も出来ずにいるのが現実だろう。

IT系情報ブログである、 Read/Write/Web に面白い切り口の記事があった。

Forget Microsoft, News Corp. or even Apple. Nokia, the world's no.1 mobile handset maker, should buy Yahoo.
<中略>
If Nokia is repositioning itself as a Web services company, to combat falling profit margins on its hardware, then acquiring Yahoo would help to give the company a much needed presence on the desktop (not just mobile), as well as beef up its Web offerings and Internet brand recognition in general.
Yokia! Why Nokia Should Buy Yahoo
意訳:マイクロソフト、ニュースコープ、さらにアップルも忘れよう。世界1のハンドセットメーカーであるノキアこそYahoo!を買収すべきだ。 もしノキアがWebサービス会社を目指し、ハードウエアの利益下降と戦っているなら、Yahoo!を買収しデスクトップだけでなく全インターネット領域へブランド拡張してはどうだろうか?

諸外国の携帯市場における携帯機器メーカの位置付けは、日本のそれとは異なるので、体感的に理解するのは難しいものの、ノキアがその基本サービスにYahoo!を取り込み、全世界へ提供することで、ユビキタスシーンは一気に変わる気がする。

iPhoneしかり、Windows Mobileしかり、諸外国の携帯機能はデスクトップPCのそれとコンパチブル性を狙っている。日本のように「携帯文化」といったものは目指さない。1リソースなのである。

さて、話を戻してYahoo!を全携帯に展開する話だが、デスクトップ(PC)の世界が 「いつでも、どこでも、1ソースで」使えるとなれば、これはかなり強力だし、魅力だ。

さらに世界経済への波及効果も計り知れない。PCの普及がいま1つだが(何故か)携帯の普及率が高い国や地域は存在し、そこでの情報波及効果は相当なものだろう。

それで、(米)Yahoo!はもともとかなりモバイルに力を入れている。かなり昔だが GOという会社を買収し、現在はYahoo! Goとして展開しているはずである。それを見るとさらにYahoo!/Nokiaの親密性が見える。


Let's hope with the Mobile Web, Yahoo keeps pace with Apple, Google and Microsoft. Its mobile widgets platform is promising and it can potentially reach a wide audience quickly. But Yahoo can't afford to keep its ubiquitous audience waiting, this time.
Yahoo! Mobile: Claims Ubiquity, But What About Innovation & Speed to Market?
この記事自体は「PCにおけるWidgetなどの先進性においてYahoo!は遅れている」といったものだが、Goの展開及びそのなかでWidgetの展開に期待が寄せられている。

ノキアもそういう意味ではWidgetの可能性について理解し、機能強化の中に取り込む方向で進めている。
携帯電話もウィジェット対応に--ノキア、2007年秋にサービスを正式開始
NokiaのRSSウィジェットサービス「WidSets」、正式版に

私はアプリをせっせと作ること自体には否定的なわけでもないが、様々な機能をWidgetとして自由に貼付けられて、自分独自のメニューを作れる環境の方が好きだ。

携帯メーカなどのお仕着せでは窮屈な感じだし、何にしてもURLを記録するだけのブックマークなんて10年前の技術である。つまり進歩出来ないのであれば、沢山のプレーヤーが参加出来て、携帯や世の中を面白くするほうが、きっと明るくて面白いユビキタスな社会のような気がしてならない。

だからインターネット(というか狭義の意味で)Webの生き残りと言わず、世界のイノベーション実現に向けてノキアがYahooを買収すべき、という意見に同意なんです。




ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« 携帯市場の官製不況 | トップページ | MS買収劇はその後が見もの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/40083473

この記事へのトラックバック一覧です: Yahoo!を買収すべきなのはNokiaではないか?:

« 携帯市場の官製不況 | トップページ | MS買収劇はその後が見もの »