« Social Networkは次のiTunesになれるか? | トップページ | やっぱり音楽はライブが大事 »

次世代のコマースインフラ提供


Sn330173
知る人ぞ知るモノ/本当にいいモノは販路としてインターネットを利用するケースは多いだろう。例えば楽天に加盟するのも1つのテである。プロモーションやオンライン在庫管理、決済、そうしたオンラインショッピング(いわゆるe-commarce)の環境が整っているという事だ。

競争の源泉が商品の良さといった本質的な部分で勝負しているものや、ニッチニーズに特化したものは特にこうしたネットとの相性が良いとされている。(楽天などの出店料を賄えるかどうかはわかりません)

そうしたものを取り扱って、例えばある程度の規模になった場合、デリバリ機能や倉庫保存といった周辺業務をアウトソースした方がいいと考えるだろう。

AFWS offers two APIs (application programming interfaces) - one inbound and one outbound. That means developers can now progromatically send physical goods to an Amazon warehouse (fulfillment center) and then have Amazon do the shipping of those goods out to customers when items are purchased through 3rd party sites.
【意訳】Amazonは2つのAPIを提供する。1つは入荷と出荷。これは物理的なものをAmazonの倉庫へ送ったり、Amazonの倉庫からお客様へ出荷するというものを、プログラマが作れる。
Amazon's Newest Web Service: Shipping Center APIs
今回のようなWebサービスは、こうした情報処理の効率性を経済全体に浸透させ、中小企業まで行き渡らせてくれる。これでまたひとつ小さな会社が、これまで大企業のものだった利益を享受できる道が増えた。こんなWebサービスなら是非これからもどんどん出してもらいたいものだ。
アマゾン、人力抜きでフルフィルメント業務ができる新API公開

今回のリソース提供で注目すべきは、情物一致を図らねばならない流通業にとって、それがAPIによりリンクするという点にある。

Amazonは物販のソーシャル化の筆頭で、アフィリエイトの元祖でもある。またS3やEC2といったコンピュータ資源を提供する商売を始めたのも最近で最初だ。つまり、商売をする上で必要なものを全て取り揃えて、アウトソース先として提供しようという事だろう。

今後インターネットのソーシャル化を見込んだ時、Amazonの様にソーシャルインフラ(例えばSNSとかBlogとか)に常に近いポジショニングをするところと組んでおくのも良策だという気がする。

もう少し考えると、例えば「ヤマト運輸」がデリバリ業の各種APIを公開したとする。すると倉庫業務管理とリンクすることで、入出庫がかなり効率化できるだろう。いっその事、「ヤマト運輸」がデリバリ業+倉庫管理業も行えば、製造や輸入といった業務とつながるだろう。(ここまで来るとかなり妄想気味だがbleah)

こうして考えると、情物一致のリソース提供解消事業は、e-commerce側(例えばAmazon)からのアプローチが早いのか
ヤマト運輸のような既存デリバリ業が強いのか……なんとなく前者のような気がする。つまり「イノベーションだった」宅急便事業が、次のイノベーションに取って代わられる 可能性を(妄想的に)感じてしまった記事でした。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« Social Networkは次のiTunesになれるか? | トップページ | やっぱり音楽はライブが大事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/40597758

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代のコマースインフラ提供:

« Social Networkは次のiTunesになれるか? | トップページ | やっぱり音楽はライブが大事 »