« 一番しなきゃいけない事が一番難しい | トップページ | 37 Signalsから学ぶこと (Lessons Learned at 37Signals) »

「脱ゆとり」は米百俵にならず


昨日のエントリでは、人間は危なくなると(今は何とかして)次の世代に全てを託す。それは動物的な反応/対応かも知れません。そうした次世代にこの国を託す、最も大事な作業として、教育があります。

元々「真面目」な国民性からか、教育に対する感心は高く、そうした中で国際的な学力調査でトップクラスの成績をあげるフィンランドの教育への関心が高まっています。

朝日新聞2008年3月2日に「学力世界一のフィンランドに学ぼう」をテーマにした福田誠治・都留文科大学教授の講演記事が掲載されていました。
(なぜかこのあたりの情報は一切インターネットには存在しない。このあたりがなんとも…)

テストの点を比較する様に、経済協力開発機構(OECD)の開発したPISAという学習到達度調査の平均スコアを国際比較して、日本が「ゆとり教育」と称した教育時間削減方針を改めたのはご存知の通り。ちなみにフィンランドは、Reading: 2位(1位:韓国、15位:日本) Mathematics: 2位(1位:台湾、10位:日本) Science: 1位(6位:日本)という状況である。

だが、この学習到達度調査は「学力調査」などでは決してない。教育時間を増やして覚える事を増やして、このスコアが上がるとは思ってはいけない。

また、そもそもこのスコアは以下のような背景と意味を持つ。

PISAができた背景には欧州の変化がある。OECDは第二次世界大戦後の欧州の復興を目指してできた組織だ。EU(欧州連合)ができ、人々が国境を越えて移動するようになり、多様な人が共存するための「協同の知」が求められる。
PISAが問う読解力とは、言葉を使って何ができるか、いわばコミュニケーション力と思考力だ」
つまりこの十数年で世界は学力観を変えたのだ。その時代を先取りしたのがフィンランドだった。
朝日教育セミナー「学力世界一のフィンランドに学ぼう」

確かに考える力、コミュニケーションで解決する力、そうしたものが今現在のビジネスシーンで最も求められている気がしている。日本は決して低くないが、より高めていく必要のある能力の1つだろう。

それから、OECDはあくまで欧州の基準を元にしたものだ。やたらと点数が悪いとか低いとか言われて気になるだろうが、あくまで欧州の基準だという視点も大事だ。
OECD側からはかなり厳しい苦言が呈されている…

OECDのグリア事務総長は日本の学びに対して、「多くの国の労働市場からすでに消えつつある種類の仕事に適した人材育成」と語った。これは痛烈な批判だ。
さらに、応用問題まで記憶させるような東アジア型の勉強は一斉労働には向いているが、そうした仕事はロボットや発展途上国に奪われる。日本は点取りゲームをしており、自分の人生に関係のない学びになっている」
朝日教育セミナー「学力世界一のフィンランドに学ぼう」
冒頭に書いた通り、教育により、今現在の日本が変わる様に、未来を託すとすれば、自分の人生に関係ない事を教えている教育は(正しい意味での)教育ではないだろう。

ここでも毎度私が言っている通り「やっている事の物差しが古過ぎる」のだ。親として子供に対する様々な教育に関連する事の、質と内容が古過ぎるのかも知れない。

フィンランドがベンチマークとして適切ならば、その国民性や歴史及び現在の教育などを詳細に分析し、広く日本に広めるべきだ。こうした記事こそ、ワイドショーとかしつこい突っ込みで展開すべきなのにhappy02

一方でこの問題は自分の問題でもあるので深刻だ。たとえ古い物差しであろうが、その物差しで計られるのは下手をすると、自分自身の子供だ。

そうなると「金をかけてでも、正しい物差しで計る教育をする(であろう)学校に入れたい」と思うのは自然だろう。だから私立中学受験ブームとか(決してブームではないだろうが)留学の道を選ぶ親も出てくる。

自分も物差しだの何だの行っても、きっと「私立へ」とか言うだろう。う〜む、やはりどこか他人任せなゼロベースの提案になってしまう……weep



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« 一番しなきゃいけない事が一番難しい | トップページ | 37 Signalsから学ぶこと (Lessons Learned at 37Signals) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/40430898

この記事へのトラックバック一覧です: 「脱ゆとり」は米百俵にならず:

« 一番しなきゃいけない事が一番難しい | トップページ | 37 Signalsから学ぶこと (Lessons Learned at 37Signals) »