« ひと皮むけて欲しいp2p問題 | トップページ | 次世代のコマースインフラ提供 »

Social Networkは次のiTunesになれるか?


Sn330172 サクラの花が咲き始めて、すっかり世間は春の空気に包まれている。

以前からソーシャルグラフは次世代のWebを構成する重要な基盤であると言われている。単なるソーシャルネットワークとしてFacebookやMySpaceといったものが出て来て人気が出ているだけでない。

However, a recent UK study conducted by media research company, Entertainment Media Research, reports some figures that point toward the fact that social networks could do even more. In fact, social networks have the potential to be the content distribution platforms of tomorrow. See you later iTunes, I'm gonna sync with MySpace now...
【意訳】英国のメディア調査会社による調査では、ソーシャルネットワークは今以上の事が出来る。事実、ソーシャルネットワークは明日のコンテンツ配信基盤になりえる。さようならiTunes!僕はMySpaceに行くよ Social Networks Will Be Tomorrow's iTunes

ものスゴく単純に言うと、iTunesは単純なコンテンツデリバリー機能(サービス)なので、このままではもう時代遅れが見えているのではないか?もうすでに逆の方向、つまり従来は音楽と関係のない、ソーシャルネットワークからLast.fmやMySpaceがそのポジションに迫ってきている。

iTunes to become social like MySpace! Rian wrote: "What if the iTunes store was more like MySpace or Last.fm where you were given a little corner of the store and could even promote your favorite bands?" 【意訳】iTunes StoreがもっとMySpaceやLast.fmみたいだったら、あなたのお気に入りのバンドをもっと応援出来るだろう? Time For iTunes to Become More Social

要するにiTunesに対して「さよなら」というのではなく、もっとsocialになれと言いたい。ということだ。iPodとリンクして、なおかつ音楽をネットで販売するスキームは、もう無料配信の時代を迎えて、完全にコモデティ化している。

だけど考えてみると、これは音楽に限らずに起こる事なのではないか? これが日本に起きる土壌は何だろうか?

ここの本質はコミュニティやソーシャルグラフに関連づけられると、全てが変わるというところにあるのではないか?例えばOpen Socialの諸機能を使ってMySpace/Facebook等との連携するとなると、一気に情勢や環境が変わる気がする。

たまたま、ここでは「音楽」を取り上げたが、「映画」だったらどうだろうか?「スポーツ」だったらどうだろうか?そういう著作権の概念に「完全に捕われている」と、このインベーションにはついて行けないかもしれない。

振り返って日本であるが、そういう意味ではmixiは良いポジションを生かしきれていないだけでなく、本来は社会のイノベーション基盤となりうるのに、それを提供していないのはある種の罪だという気がしてならない。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« ひと皮むけて欲しいp2p問題 | トップページ | 次世代のコマースインフラ提供 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/40597578

この記事へのトラックバック一覧です: Social Networkは次のiTunesになれるか?:

« ひと皮むけて欲しいp2p問題 | トップページ | 次世代のコマースインフラ提供 »