« 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 | トップページ | ネットにおける「お客様の声を聴く」とは »

隠れファンが隠れメニューを


いつも読んでいるブログには色々なものがあり、更新を楽しみにしているブログも多い。その中の1つに「Dave's Blog」というブログがある。

この方はシリコンバレーでベンチャーキャピタルをやっておられる方で、NILS(New Industry Leaders Summit)でも何回かお見かけした事がある。(縁がなくてご挨拶は出来てないが)

この方のブログを毎回チェックしているのにはワケがある。とにかく沢山のシリコンバレー界隈の美味しいお店をチェックしてある。それを眺めて楽しむ…だけではなく、1年に1回程度、シリコンバレーに出張する機会がある場合に、このDave's Blogのデータベースを活かすのです。

言っては何ですが、私はシリコンバレーに何回か出張して、適当に選んだり他人が選んだ所に行ったりしていて、美味しいお店は多いのだが、どうも不発な事も多い。イタリアンと中華ははずれが少ないものの、それは日本でも同じ。
という事で少ない出張機会を有効活用するためにデータベースとしては非常に有効に使わせて頂いています。

今回のブログに出て来た「IN-N-OUT Burger」だが、細かい場所は忘れたが行った事がある。なぜ覚えているかと言うと、このお店は現地の高校生が運営しているのではないか?と思う程高校生っぽいアルバイト(Part time jobネ)ばかりだった。キッチンは男の子が仕切っていて、カウンターは女の子。米国では珍しく「Smile 0円」のお店だった。とてもかわいくて印象的だった。

そうしたフランチャイズにも裏メニューがあると言う。

IN-N-OUT Burgerには店舗に出てない「言うとやってくれる」系の裏メニューが幾つかある(こちら)。その1つが「Protein Style」。これは、通常肉を挟んでいるパンを取り除き、代わりにレタスで全体を包むというもの。当日朝採れた新鮮なレタスのみを使っているIN-N-OUTだからこそ出来る裏メニューである。
IN-N-OUT Burgerの裏メニュー体験
6a00d83451604b69e200e551ca8fbb88338 メニューをよく見ると、Dave氏が食したProtein Styleの他に、Animal Styleもある様だ。

こうした採れ立ての新鮮で大きなレタスを使うあたりは、このチェーンが他の同様の店とは、ちょっと違うと思ってもらえるのではないだろうか。

思い出した…101号線をかなり南下したGilroyのIN-N-OUTに行ったんだった。このあたりには広大なアウトレットショップがあるので、観光以外で休日を潰すにはいいんです。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 | トップページ | ネットにおける「お客様の声を聴く」とは »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/40872050

この記事へのトラックバック一覧です: 隠れファンが隠れメニューを:

« 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 | トップページ | ネットにおける「お客様の声を聴く」とは »