« 不機嫌な職場 協力的社員を集める過程でプロジェクトの成否が分かる | トップページ | ネットを制するものは国を制する »

インターネットがプロモータになる時代


2006年あたりだったと思うが、出張でサンフランシスコに行った時に、サンフランシスコ空港からBARTという地下鉄に乗り、ダウンタウンの中心にあるPowell Stという駅で降りた。(サンフランシスコ名物のケーブルカーの発着駅もこの近くにある)

その時、地下鉄から地上に出ると、一人サックスで音楽演奏をしていた。いわゆるストリートミュージックである。かなり上手で、時差ボケの頭でちょっと聞いていてBARTのお釣りをチップした。
その夜、チャイナタウンでの夕食後にホテルへ戻ろうと街を歩いていると、スティールドラムの演奏をしている人がいた。これもかなりのレベルだった。

前置きが異常に長くて恐縮だが、音楽が街にあふれている感じがあって、なんだかとても羨ましかった

このブログでも音楽産業自体の動きを書いているが、1つの流れとしてCD/レコードセールだけではダメになってきて、むしろCDは衰退の一途を辿るのは避けられず、CDはプロモーションの位置付けとして、ライブで稼ぐビジネスモデルが台頭する気配を書いた。(音楽媒体の変遷は意外と早いかも」「やっぱり音楽はライブが大事」「音楽のビジネスモデル・イノベーション」「音楽でも顧客体験の時代)

そんな中で、いわゆる「辻ライブ」を契約する動きが書かれていたので、軽く紹介がてらインディーズ音楽の新しい形を考えてみたい。

元記事
Where To Make Money In Music: Hotel Lobbies, Grocery Stores
(【意訳】音楽はどこでお金を得るか?ホテルのロビー、食料品店)

Once, indie labels spent a lot of time and energy courting DJs, independent promoters, and record store managers to get exposure for a new release. Now, they're courting grocery stores, hotel chains, and movie theaters.
【意訳】 かつて、インディーレーベルは新版のプロモーションのためにDJや、独立しているプロモーターなどに売り込むのに多くの時間とエネルギーを費やしました。 現在、それらは、食料品店、ホテル・チェーンと映画館になっています。

As the Journal points out, once, the corporate deal was anathema to the indie artist. Now, it's pretty much standard practice for those that have any hope of eeking out a living from making music.
Muzak, which handles music for Courtyard lobbies, used to be the place good music went to die; now, it's an important venue for exposing consumers to new music.

【意訳】Journalが指摘するように、インディーズの芸術家にとってかつて、企業との取引は呪われていました。 現在、それは音楽を愛して演奏する生活という望みを持っている人にとっては一般的な習慣です。
ミューザック社(ロビー等のBGMに使われる)は以前、良い音楽が死ぬ場所でした。 現在、それは、新しい音楽に消費者を親しむための重要な場所になっています。


Where To Make Money In Music: Hotel Lobbies, Grocery Stores


単なるBGMでなく、ミュージシャンが演奏する「辻ライブ」が、例えば近所のショッピングモールやホテルロビーで演奏される機会が増えれば、音楽好きの一人としてはとても喜ばしい事という気がします。

この話の延長で、例えば伊勢佐木町の松坂屋前で「ゆず」が辻ライブをしていてメジャーとなっていった過程を見ると、例えばMySpaceのようなオンラインSNSと連携した辻ライブ活動が、また新しい形を生んでいくことになればとても嬉しいと思います。

つまり、自分専用のプロモーターがインターネットツールで、ネットのクチコミが著名なDJと同じ事だったりするわけです。

MySpaceでもmixiでもブログでもインターネットを最大限に活用し、たとえそれが小規模でも「自分のライブ」を宣伝していって、ミュージシャン(=自分)と自分専用プロモーターとDJ(=インターネット)を携えて街に生の音楽が流れ続けることになると嬉しいと思いました。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« 不機嫌な職場 協力的社員を集める過程でプロジェクトの成否が分かる | トップページ | ネットを制するものは国を制する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/41785283

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットがプロモータになる時代:

« 不機嫌な職場 協力的社員を集める過程でプロジェクトの成否が分かる | トップページ | ネットを制するものは国を制する »