« ネットを制するものは国を制する | トップページ | その2秒をお客様のために »

北京オリンピックは壮大なクロスプラットフォーム効果測定実験


織田さんのAd Innovatorで知ったのだが、Nielsen調査による米国における各種メディアの利用率調査が発表になっていた。

概要
・自宅でテレビを見る:月間127時間(一日あたり4時間!)
・インターネットでビデオを見る(要するにYouTubeを見る?)が月間2時間
・携帯電話でビデオを見る(これもYouTube?)が月間3時間余
Nielsen Reports on TV, Internet and Mobile Usage among Americans

中身を詳細に見ると、年代を追う毎に従来のテレビ放送の受信者が多く、インターネット利用者は35歳以上の利用が高く、モバイルは若年層が多いという結果だ。

こうした調査結果がこのタイミングで出るというのは、やはりどんなにインターネットが隆盛でも、TVメディアパワー健在を示さないと、この夏の世界スポーツイベント「オリンピック」の中継料に合点が行かなくなる。

そのオリンピックの放映についてだが、米国では今回NBCが中継するらしいのだが、そうした「マルチプラットフォーム」の参照パターンについて調査するらしい。


Understanding viewers
The project will help advertisers and NBC "begin to understand how the viewer is thinking cross-platform," said Alan Wurtzel, president-research, NBC Universal. When sports fans can get updates and alerts via mobile device, watch an evening event while out at a bar, look at streaming web video and, yes, just watch good ol' TV, they will "experience [the Olympics] across a variety of platforms at different times of the day, depending on your life," he added.
【意訳】この(NBCのマルチチャネル配信)プロジェクトはNBC自身と広告主が人々がどの様にクロスプラットフォームでメディアを使うかという点について大変参考になる。
NBCの調査局長は「スポーツファンがモバイルメディアで最新情報をアラートで受け、(スポーツ)バーで夕方のニュースを見て、(インターネットの)ストリーミングで見て、(古き良き)テレビでも見る、というオリンピックの体験を多種類のクロスプラットフォームで人々が見る、と語っている。

Where Will We Watch Those 3,600 Hours of Olympics?
【意訳】我々はこれらオリンピックの3600時間をどこでどのように見るのだろう?

まぁ、要するにこれだけメディアが沢山叛乱してきて、多くのメディア参照者がどの様にクロスプラットフォームでメディアを使い分けるのか、まだメディアも広告主も分かっていないという事なのだ。

Research tool Indeed, one Olympics advertiser simply sees the NBC data as a research tool. Bank of America is a sponsor of the U.S. Olympics team that has placed added emphasis on digital initiatives, such as social-networking, in addition to its TV advertising. "The information from NBC is likely to provide us with rich data that will complement our own internal advertising and brand measurement efforts," said Joseph L. Goode, a spokesman for the financial-services company.
【意訳】事実、あるオリンピック広告主はNBCデータは単なる調査ツールだと見ているという事だ。アメリカ・オリンピックチームのスポンサーである、バンク・オブ・アメリカはTV広告に加えて、ソーシャルネットワーク等のデジタル誘導を重要項目に加えている。「NBCからのデータはリッチデータは我々自身の広告と、我々のブランド効果測定に寄与するのかを示すだろう」とフィナンシャル会社のスポークスマンは言っている。
Where Will We Watch Those 3,600 Hours of Olympics?
【意訳】我々はこれらオリンピックの3600時間をどこでどのように見るのだろう?

フィナンシャル会社でなくとも、この数字が恐らくメディアの(特にスポーツメディアに対する)クロスプラットフォーム効果測定となり、世界的なスポーツイベント、例えばFIFAワールドカップを頂点としたサッカー系イベントやフットボール/バスケットボールといった米国国技に関する効果測定の基本形となるに違いない。

日本を振り返ってみて、これだけ携帯プラットフォームがある意味で進化していて、その一方でインターネットビデオがかなり制限されていて、テレビが王者である状況がかなり色濃い状況でのクロスプラットフォーム測定は、また違った数字が得られて、今後のメディアの趨勢を感じる事が出来るかも知れない。
こうした試みが日本にあるとは聞いてないが、怖くて出来ないという要因もあるかも知れない。




ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« ネットを制するものは国を制する | トップページ | その2秒をお客様のために »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/41827753

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピックは壮大なクロスプラットフォーム効果測定実験:

« ネットを制するものは国を制する | トップページ | その2秒をお客様のために »