« 燃料高騰とインターネット | トップページ | 不機嫌な職場 協力的社員を集める過程でプロジェクトの成否が分かる »

セス・ゴーディン流 ビジネス書の読み方


セス・ゴーディンと言うと「パーミッション・マーケティング」「バイラル・マーケティング」などのマーケティング界の有名人なわけですが、その人の本は以前に「紫の牛を売れ」を読んだことがあります。

そのセス・ゴーディンが、ブログで「How to read a business book【意訳】ビジネス書の読み方」というタイトルのエントリを書いていて、ちょっと面白かったので紹介。

このエントリの最初の部分がちょっと味がある。つまり、ビジネス書を読むのは手品の本を読むのと同じに読んでいないか?ハウツー本ではないよね?という書き出しだ。

【意訳】 私は手品の本を読むのが好きだ。私は手品はやらないし、うまく出来ない。しかし手品の本を読むのは楽しい。どのようなタネによって手品が行われるのか、効果的な見せ方とか笑顔でテクニックを見せるとか。ちょっとしたアドベンチャーの気分になれる。

多くの人はビジネス書を読むとき同じ事ではないだろうか?ケーススタディとか内情調査や例示とか、輝くような実績を持つ起業家や成功したCEOとか素晴らしい売上実績の想像を沸かせる。

これがハウツー本とビジネス本との大きなギャップである。このギャップとはモチベーションである。ガーデニングの本はあなたに何かさせようとはしない。

How to read a business book

で、それはともかくビジネス書を読むときの3ヶ条が書いてあったので、意訳を試みてみる。

1. Decide, before you start, that you’re going to change three things about what you do all day at work. Then, as you’re reading, find the three things and do it. The goal of the reading, then, isn’t to persuade you to change, it’s to help you choose what to change.

読む前に、あなたが一日の仕事で3つのものを変えると決めてください。 次に、読んでから3つのものを見つけ、それを実行してください。 読書の目標があなたを変化するように説得しないことであり、あなたが何を変えるかを選ぶ事の助けになります。

2. If you’re going to invest a valuable asset (like time), go ahead and make it productive. Use a postit or two, or some index cards or a highlighter. Not to write down stuff so you can forget it later, but to create marching orders. It’s simple: if three weeks go by and you haven’t taken action on what you’ve written down, you wasted your time.

(時間のような)価値ある資産を投資するなら前進してください。さらに生産的にしてください。 Postitを2~3とインデクスカードまたは蛍光ペンを使用してください。あなたが後でそれを忘れることができるようにものを書き留めるのではなく、行動できる様にを作成するのことが大事です。実はそれは簡単にチェックできます。つまり3週間が過ぎた後、あなたが書き留めたことを実行していないなら、あなたは時間を浪費したという事です。

3. It’s not about you, it’s about the next person. The single best use of a business book is to help someone else. Sharing what you read, handing the book to a person who needs it... pushing those around you to get in sync and to take action--that’s the main reason it’s a book, not a video or a seminar. A book is a souvenir and a container and a motivator and an easily leveraged tool. Hoarding books makes them worth less, not more.

これはあなたの事ではなく「次の人」に関してです。ビジネス書のただ一つの最善の利用方法は他の誰かを助けることです。あなたが何を読んだか共有して、誰かそれを求めている人にそれを渡すのです(周りの人に勧めて同調を得たらアクションする、それがビデオやセミナーでなく、本である主な理由です。本はお土産であり梱包であり動機付けであり簡単な投資です。本の買い溜めは、それらの人にとって悪い事はなくむしろいいことです。

How to read a business book

読み前の心構え読んでいる最中に行うべき事、そして自分自身のためでなく他の人のために行うべきこと。その3つが大切という事でしょう。

このうち「読み前の心構え」はなかなか難しいですが、自分自身のためでなく‥の部分は実はよく見かける行為です‥

それはこのブログでも本を読んで面白かった部分や面白くなかった部分、を書くようにしている。そうした意味で「あなたが何を読んだか共有して、誰かそれを求めている人にそれを渡す」だけは実践している事になります。

最近読んでいる新書版の本では、2番目の指摘である「Postitを2~3とインデクスカードまたは蛍光ペンを使用してください。」を忠実に守ってはいますが「行動として何をすべきか」のメモ作成がないので、結果として生産性の低い読書で終わっていると反省です。

次からはぜひ1の「3つの変える事を見つけ実践する」を実践したいと思います。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« 燃料高騰とインターネット | トップページ | 不機嫌な職場 協力的社員を集める過程でプロジェクトの成否が分かる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/41724804

この記事へのトラックバック一覧です: セス・ゴーディン流 ビジネス書の読み方:

« 燃料高騰とインターネット | トップページ | 不機嫌な職場 協力的社員を集める過程でプロジェクトの成否が分かる »