« Facebookのイノベーションから学べること | トップページ | セス・ゴーディン流 ビジネス書の読み方 »

燃料高騰とインターネット


最近のガソリン価格の上昇にはちょっと驚かされる。高校生の頃に第二次オイルショックが来て、1リットル100円ぐらいだったのが、一気に倍ぐらいになってバイト代から大枚をはたいてバイクを満タンにした記憶がある。
最近のガソリン価格にはそれ以来驚かされたことはなかったが、今回もすごい。

だいぶ不謹慎だが「ガソリン価格が上がると(車の利用を控えて)環境にはいい」という意見もある。それとは別に「インターネットの父」と呼ばれるヴィントン・サーフ氏が「【意訳】急騰するオイル価格はインターネットを後押しする(Soaring oil prices could boost Internet)」と書いている。

【意訳】 急騰するオイル価格は世界経済へ影響しているが、Internetの効果を示すことは出来る ビデオカンファレンスや他の電子的メディアを使う事で出張しない様にしている。また計算能力として車や飛行機のルート最適化による省燃料化になっている。
Soaring oil prices could boost Internet

補足的ではあるが、ReadWriteWebではその記事を受けて以下の様に記している。

【意訳】 事実、在宅勤務の需要は燃料高騰同様に伸びている。全ての仕事が自宅から出来るわけではないが、ある研究では米国の全労働者が在宅勤務可能である場合、53%のホワイトカラーが週に2回在宅勤務するだけで、年間3800万ドル(4億円)低減出来る。

そしてWebがどうそれを助けるか?より多くの在宅勤務者とのコラボレーションをするマーケットが出来るという事になる。Google Docsをはじめとしたオンラインアプリが在宅勤務者の手助けになる。
Vint Cerf: High Oil Prices Could Help the Web

つまりは、ムリして(自動車で)会社に行くよりも、在宅で出来る仕事とインターネットの環境が整備されているだろうから、多少の給与削減があっても、在宅勤務もいいのでは?という論調である。

しかし一般的な世間の動向としては、燃料費高騰により給与や様々なコスト、特にIT系のコストがカットされ始めているのではないか?

So I was talking the a CEO of one of our portfolio companies today. He runs an enterprise software company, and we were reviewing his pipeline. During our conversation, he mentioned that he lost a $12,000 sale because of fuel prices. Yes, that's right -- the price of gasoline is now impacting enterprise software sales.
【意訳】とある投資先会社である企業向けソフトの会社のCEOと先日話していて、彼と一緒に輸送路の見直しを行っていたところ、彼はその打ち合わせ中、燃料高騰により12000ドル(125万円)の商談を失ったと言っていた。そう、燃料高騰は企業向けソフトへも影響しているのだ。
Gas Prices Hit Software Sales
恐らくはこのソフト会社は企業向けソフトを「売る」タイプだったのだろうなぁと思っている。

そう、関係なさそうなこの2つを結びつけると、インターネットの利用の仕方が変わりつつある状況で、この燃料高騰が後押しすることになるのではないか?という事だ。利用の仕方が変わるとは‥

つまり、Google DocsやSalesforceに代表される、SaaS系のインターネット「サービス」群である。
簡単に言えば「使った分だけ支払う」もしくは「無料で(そこそこ)機能を使える」とか「一定料金で必要なだけ使う」といったもので、インターネット経由での利用を前提としたものである。

個別に企業が独自のソフトを作る(のもあるだろうが)のでは余りに大変なので、サービス提供会社のサービスを会社が契約して、従業員が使うという形が大半である。

セキュリティレベルを気にする人も多いが、下手にローカルにデータを持つよりも余程安全だと思っていい。

さて、そうしたサービス利用形態へのシフトは「SaaS」というキーワードで盛り上がりつつある。きっと燃料高騰などの経済的悪要因がこれを追い風にするのだろうなぁと思います。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« Facebookのイノベーションから学べること | トップページ | セス・ゴーディン流 ビジネス書の読み方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/41723726

この記事へのトラックバック一覧です: 燃料高騰とインターネット:

« Facebookのイノベーションから学べること | トップページ | セス・ゴーディン流 ビジネス書の読み方 »