« ランディ・パウシュの最後の授業 − 自分は何を残せるのか | トップページ | 毎日.jpの「祭り」に見るFiremanの必要性 »

携帯アプリのダイナミック化がiPhoneキラーのカギ?


iPhone人気も一段落し、ガラパゴスと呼ばれる日本の携帯との差異や、今後の発展方向性について様々な意見が出ている。
個人的に(持っていないのだが)思うのは、日本の携帯アプリも結構いい。だけどPCとは別の進化系を歩んだので、純粋にiPhoneとの比較は的を得ない気もする。

さて、その議論である種のキモになるのは、以下のエントリである。

わかってねえなあ、キミタチ。iPhoneの本当の恐ろしさを。
iPhoneの本当の恐ろしさ、それはiPhoneならだめなところをいつでも直す余地があることそのものなのだ。多少PCが古くても、OSやアプリをアップグレードすればよくなるように、iPhoneはいつでもアップグレードできるのだ、OSですらiTunes経由で、アプリならそれすら不要で App Store経由で。
これがどれほどケータイでは非常識かということを、みんな忘れてない?
iPhoneがガラパゴスケータイより劣っていていい理由

要はインターネットの進化は未完成品の発展による歴史に等しいので、その進化を内包しているiPhoneとは基本的に違うのだ、という論旨である。

事の本質がそれなら…という事で、世界は変わって行くのだろう。

Like all wireless carriers, T-Mobile needs its subscribers to start doing more with their phones than just making phone calls and sending text messages. So, perhaps inspired by the early success of Apple's iPhone App Store, it's reportedly making a smart decision: Opening up its phones to more mobile software, and making it easier to download apps.
すべての携帯電話会社のように、T-モバイルは加入者が電話とテキストメッセージにするだけではなく、それ以上のことをし始めてもらう必要があります。 恐らくアップルのiPhone Appストアの早くからの成功に刺激され、伝えられるところによれば賢い決定をしているようです。それは、モバイルソフトウェアに対して電話を解放し、アプリケーションをダウンロードするのをより簡単にします。

This fall, T-Mobile is planning to gut its current, lousy method of distributing mobile apps -- favoring software companies that it has revenue-sharing deals with, according to MocoNews. In its place: An iPhone-like app store that's organized by popularity, not payola. The platform will be open to "almost any developer" that agrees to T-Mobile's revenue split, which one developer says is "very generous."
MocoNewsによると、今秋にT-モバイルが持っているソフトウェア会社を使って、モバイルアプリケーションを配布する現在のひどい手順を改めて、レベニューシェアとなる計画をしています、。 人気によって集約されたiPhoneのようなapp storeです。 プラットホームは開発者が「非常に寛大である」と言うT-モバイルのレベニューシェアに、「ほとんどどんな開発者も」広範囲に同意するするようになるでしょう。
T-Mobile's Big Idea: An iPhone-Like App Store For Every Phone
(T-Mobileの素晴らしいアイデア:全ての携帯電話向けにiPhoneのApp Storeライクな機能を提供)

インターネットは発展してきて、(日本の)ケータイは行き詰まりとか進化していないかの様な指摘にも見える。世界的に見れば、日本はインフラも含めてダントツの発展をしてきており、むしろ遅れているのは世界なのである

だが、携帯アプリに関して言えば、複数のプレーヤーが個々の価値感で提供していくという「多様性」がないのは残念だ。またデベロッパーの立場で言えば、世界にはもっと斬新なアイデアがあるはずなのに、現在の仕組みがそれに対する参入障壁となってしまっているのも残念だ。

そうした流れを考えると、今後の方向性は「携帯アプリの多様化」に尽きる。今からAndroidをはじめとする、沢山のアプリ提供環境が出てくる事を想定して、アプリのアイデアを練っておこう。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« ランディ・パウシュの最後の授業 − 自分は何を残せるのか | トップページ | 毎日.jpの「祭り」に見るFiremanの必要性 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/42138685

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯アプリのダイナミック化がiPhoneキラーのカギ?:

« ランディ・パウシュの最後の授業 − 自分は何を残せるのか | トップページ | 毎日.jpの「祭り」に見るFiremanの必要性 »