« 社会起業家の志と改革者のコアコンセプト | トップページ | iPhoneは黒船なんかじゃなくてi-Modeの真似じゃないか? »

御社がブログをやらない方がいい10の理由


このブログは、会社員の自分がイノベーションとか技術とかそういった「自分にとって気になったネタ」を、自分で消化するために書いているという意味合いが多い。多くの人に読んでもらいたいとか、有名ブロガーになりたいとか、そうした山っ気は全然ない。
それでもそれなりの数の人に見て頂いているのは、例えそれが通りすがりの方でも、それはとても励みになる。

これが企業の顔として、企業のメッセージチャネルとして、ブログを書かないといけない、なんて考えると結構辛い気がする。

そうした心情とは別に「企業ブログを始めよう」という機運が、御社のどこでどう盛り上がるか分からない。きっと個人ブログと違って、企業ブログには難しい問題があるはずだ。

そうした背景の中でAdAgeに面白い記事があったので、記事を紹介するというよりも「これに書かれた事の反対をやるには、どんな要素が必要なのか?」というアンチテーゼの観点で読んでみたい。

3. You need original content. The blogosphere is too much of an echo chamber already. What can you add that/s original? Or significantly better than anything else in your niche?
3. あなたにはオリジナルなコンテンツを必要とします。blogosphere(ブロゴスフィア=ブログ界)は既にあまりにエコー拡声器が多い状態です。 あなたはどの様にオリジナル性を加えることができますか? また、それはあなたのニッチな他の何よりも良いモノですか?

4. Blogging takes time -- lots of it. Let's even say a CEO is a great writer, who enjoys researching and crafting posts. And let's say he or she will write about what people want to hear about and not just write about what the company wants to say. And they he/she is willing to update a few times a week. All of that takes anywhere from two to four hours a post.

4. ブログは(多くの場合)時間がかかります。たとえCEO(最高経営責任者)がスゴイ著作者であったとしてもです。そのスゴイ著作者は、ポストする内容をよく考えて、作るのを楽しみます。 そして、その人が人々が聞きたがっているものに関して書いて、会社が言いたがっていることに関して、ただ「書かない」と言いましょう。 そうした人は、1週間のうち数回アップデート(投稿)しても構わないと思っています。 そのすべてがいずれも1ポストあたり2~4時間かかります。

5. You need to read constantly to be a good blogger. That includes blogs, but also media outside the blogosphere -- feeds, forums, mainstream media -- so you can keep your readers informed about your topics.

5. あなたは、良いブログを作る人になるように、絶えず(ブログを)読む必要があります。 それはblogosphere(ブロゴスフィア=ブログ界)の他にブログや(RSS)フィードやフォーラム、主流のメディアといったメディアも含んでいます、従って、あなたは、あなたの話題に関してあなたの読者に知らせ続けることができます。

7. A blog is not a substitute for advertising -- if you need to fill a new hotel, or sell a product by a certain date, advertise.

7. ブログは広告の代用品ではありません--あなたが、(新製品発表のために)新しいホテルをいっぱいにしているか、または決まった日までに製品を売る必要があるなら、広告を出して下さい。

9. Blogs are not cheap. A good one requires skilled programming to set it up, a professional graphic designer to make it part of your corporate identity, a talented and dedicated writer or editor, full-time.

9. ブログは安くはありません。良いものはそれを準備(セットアップ)するためにプログラムを作る熟練性を必要とします、しかもそれは、あなたのコーポレートアイデンティティの一部で、有能でひたむきな作家またはエディタにするプロのグラフィックデザイナーといった人達をフルタイムで必要とします。
10 Reasons Your Company Shouldn't Blog
【意訳】御社がブログをやらない方がいい10の理由

「企業ブログは、そもそもつまらないから読まれない」という一般的な評価が先立っているので、そのあたりは了解事項として引用からは省いています。それとは別に、企業ブログやブログ自身に対する一般的な誤解について個々に(しかも)丁寧に(その誤解を)解こうとしています。

特に私は強調すべきだと思うのは、「聞き上手は話上手」と言われる様に、多くのコミュニティ(特にソーシャルコミュニティ)を見聞きして、ブログ界に限らず、そのネットを構成している人たちはどういった人なのかを感じてから、企業ブログは始めるべきでしょう。

特に「企業のプロモーションではない」「何か特別なネタがあるのか?」(=面白いネタはあるのか?)「(そもそも)時間がかかるものだ」といった誤解は、ちゃんと伝えるべきでしょうね。
さらに最後に見ている人の多いサイト=トラフィックの高いサイトにするための、サイトプロモーションについて説明しています。

10. You need to drive traffic to a blog. There are many ways to do that. All of them require time, effort and money. Ways to drive traffic to a corporate blog include:
10. あなたはブログにトラフィックを送る必要があります。それをするためには多くの方法があります。それらは全て、時間と努力およびお金を必要とします。 法人のブロッグにトラフィックをを送る方法は:

* Advertising on blogs, where you can be incredibly niche specific and cost-effective; buying Google keywords; and including your URL in traditional and online advertising.

* ブログ上の広告では、信じられないほどニッチ(特有)であっても、(Googleキーワードを買うといった)費用対効果に優れている場合があります。そして、そこには伝統的なオンラインの広告にある御社URLを含んでいます。

* Promotion -- you can drive traffic to a blog with skillful promotion though other blogs, by becoming a respected part of social networking communities frequented by your customers; with contests, viral marketing, and the use of a variety of Web 2.0 promotional methods discussed frequently here and in other blogs that cover social media marketing.

* 販売促進(プロモーション)--あなたは他のブログから巧みな販売促進、つまり あなたの顧客がよく行くような、宣伝の方法などが頻繁に議論され、ウェブ2.0のコンテストと、口コミマーケティングの利用に関するソーシャルメディアマーケティングに関する他のブログから、ソーシャルネットワーキング・コミュニティの尊敬されたサイトになることによって、ブログにトラフィックを送ることができます。
10 Reasons Your Company Shouldn't Blog
【意訳】御社がブログをやらない方がいい10の理由

先に私が「聞き上手は話上手」の例にある通り、自社のブログのトラフィックを上げるには、やはりその感性が高い人たちの「コミュニティ」のメンバになる事でしょう。必ず、自社に関連した人達の集まる(ネット上の)場所はあるはずなのです。

つまり「良き隣人となる」=良いコミュニティメンバになる、という覚悟や戦略のない企業は、一般的な広告やPR活動に止めておいた方が、結果として会社の為になるかも知れない。という話です。

今では、企業のブログを立ち上げるコンサルタントもいるでしょうが、そのコンサルタントは果たして自社の事を理解し、何よりネット界の良いメンバなのかどうか?を見極めるべきでしょう。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« 社会起業家の志と改革者のコアコンセプト | トップページ | iPhoneは黒船なんかじゃなくてi-Modeの真似じゃないか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/42584324

この記事へのトラックバック一覧です: 御社がブログをやらない方がいい10の理由:

« 社会起業家の志と改革者のコアコンセプト | トップページ | iPhoneは黒船なんかじゃなくてi-Modeの真似じゃないか? »