« スーパーシティ東京を感じてグローバルを想う | トップページ | iPhoneはお得だ、という事はグローバルに考えると‥ »

ポータルサイトの原点回帰とメディア化戦略


米国ではインターネットにおける主導権が変わりつつあるのだろうか?Googleがものすごい強力で、マイクロソフトはそれに関して(かなりの)危機感を持っていることから、Yahoo!の買収提案となったのだと思う。

また、世界最強のパワーを持っていたAOLも、Yahoo!との統合に関する交渉をしているとの報道もあるので、今後とも、かなりの勢力地図の変化が予想される。

これまでのポータルサイトの位置付けは、インターネットに接続したが、その先を案内するガイド/地図のようなものが必要なので、それを「まとめて」提供することに価値があった。

もはや現代のインターネットは、そうした「ガイド」のレベルで済むものではなく、Googleが提供する「探す」必要が生じていることになる。
探すのも苦労だから、ポータルの役割が終わったとは言わないが、それでもパワー減衰は否めないのも事実だろう。

また、現代のインターネットを語る上で、ソーシャルネットワーク、いわゆるSNSを抜きに語れず、特に米国のFacebookやMySpace、英国のBebo(これはAOL傘下)のパワーが世界的にも強い。

そうした時代の変遷を経た、インターネットの勢力状況変化を、いち早く取り入れたとも言える現象が、AOLで始まった。

As part of its open strategy, AOL today unveiled a new feature allowing users to access social networks including MySpace, Facebook and Bebo directly from the Web portal's redesigned home page.

AOLは今日、オープン戦略の一部として、ユーザが直接ポータルサイトのデザイン変更後のトップページからMySpace、Facebook、およびBeboを含むソーシャルネットワークにアクセスできる新機能を公開しました。

The "My Networks" feature lets AOL visitors post status updates to multiple social networks at once as well as provide profile activity information such as new friend requests and mail notifications from third-party social sites. The move follows AOL's step last month to offer direct access to outside e-mail services including Gmail, Hotmail and Yahoo Mail via prominent links on its home page.

「My Network」機能により、AOLユーザは、外部(AOL以外)のソーシャルサイトから新しい友人などのプロフィールや活動の情報を提供することで、すぐに複数のソーシャルネットワークに状態アップデートを通知できます。移動は、トップページの目立つ位置のリンクを通してGmail、Hotmail(マイクロソフト)、およびYahooメールを含んでいます。これは、AOLのサービス外のメールに直接アクセス可能とする(先月の)AOLの方針に従っています。

AOL Opens Up Site To Social Networks
【意訳】AOLがソーシャルネットワークへオープン戦略展開

AOLのトップページを見れば、既に右上のメールには選択肢が掲載されているのが分かると思う。GMail(Google)やYahoo!のメールサービスへのリンクが載っているのである。

ポータルの位置付けとしての、ガイド/地図といった役割を原点とするならば、メールサービスの選択肢を掲せたり、ソーシャルネットワークとのリンクを掲載するのは、本来の役割を見直して、顧客が便利なものを提供する、原点に立ち返ったとも言える。

一方でそうした原点に立ち返るとともに、もう1つ(主にビジネス面での)立ち位置の明確化だと理解出来る、次ぎの様な発表もされている。

AOLの発表内容としてビジネス面として語った部分がある。

For advertisers, the Time Warner unit is promising more options including customized skins, increased rich media features and deeper content integration with campaigns. The redesign efforts also extend to AOL Mail, which has been given "an updated look and feel," according to the company.

広告主に関しては、タイム・ワーナーの広告部隊は、キャンペーンで包含した形のスキンや、強化されたリッチメディア機能、および、カスタマイズした統合コンテンツと、より多くのオプションの提供を約束しています。AOLによると、デザイン変更の取り組みはAOLメールにも及び「アップデートされたルック・アンド・フィール」はメールにも適用されていいます。

AOL Opens Up Site To Social Networks
【意訳】AOLがソーシャルネットワークへオープン戦略展開

これは明確に「メディア」に徹した事を表明しているのではないだろうか?先ほど書いたポータルの位置付けがガイドであり、この様なメディアであるとした場合、お客様が便利であるとか、そうした事がより重要であるという原点見直しなのだろう。

日本ではYahoo! Japanが飛びぬけていて、一方でライブドアがYahoo!メールへのリンクを掲載しているわけではない。

ニフティやGooも含めて、こうしたポータルの立ち位置が今までの概念である「顧客を囲い込むポータル」から、今回のAOLの様に「インターネットのガイドであり、メディアである」とする原点の流れが来るのであろうか?



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« スーパーシティ東京を感じてグローバルを想う | トップページ | iPhoneはお得だ、という事はグローバルに考えると‥ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/42963972

この記事へのトラックバック一覧です: ポータルサイトの原点回帰とメディア化戦略:

« スーパーシティ東京を感じてグローバルを想う | トップページ | iPhoneはお得だ、という事はグローバルに考えると‥ »