« iPhoneから見るビジネススマートフォンの未来 | トップページ | ニュー・ニュー・シング − ジムクラークというシリコンバレーを体現する人の記録 »

白いネコは何をくれた? BASiCSマーケティング戦略で自分をマーケティングする



ちょっと衝動買いっぽいが、巻頭の2〜3ページを立ち読みしていて、だいぶ印象的だったので、久々に新刊として買って読んでみた。

最初の印象的という部分は「今日がつまらない なら 明日もつまらない!」という言葉でした。ありきたりの啓発系の本にある「ツカミ」かも知れません。そういう意味では、自分自身少しマンネリ化していた気がします。

さらに続いて、明日もつまらない状況打破のための「あなたの明日を変える戦略」がBASiCSというマーケティング戦略となるわけです。
BASiCSは、世の東西にある基本戦略を総括してまとめた、とあるので戦略マニアには知れているのでしょうが、にわか勉強派の私にはシンプルで新鮮でした。何よりも「自分の強みが活きるところで戦う」という(7つの習慣で言うところの基本原則である)「主体性の発揮」となるわけです。

全体的にはマンネリ化したサラリーマンが、とある「機会」を通じて白いネコとBASiCSに出会い、その戦略を活用しながら学んでいくというストーリーです。

こうしたストーリーは多くの場合、企業小説や戦略的な小説という内容の高度さとは別に、ストーリーから戦略の理解しやすさに重点が置かれているので、ストーリー自体はあまり面白いものではありませんし、まぁありきたりという言い方も出来ると思います。
でも簡単な「実践方法」が書かれていると思えば活用の参考にはなると思います。

BASiCS理論自体は、他のサイトでも紹介されているので、ここでは割愛しますが、自分自身の5W1Hを発見するためのツールという言い方も出来ると思います。例えば「どこで誰と戦うのか?」「自分らしさとは何か?」「独自性とは?」「顧客は誰か?」「売り文句は何か?」という事をi = integrateしていくという事になります。

私自身は単純に、3つの差別化軸(手軽軸[価格軸]、商品軸[品質軸]、密着軸[顧客軸])がシンプルな分類方法で、どこでも活用出来そうな気がしました。SWOT分析やプロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)といった定番をシンプルにしたフレームワークの1つかも知れません。さっと頭の中で分類して考えられるという意味では活用出来そうです。

さて、書評というほどの大した話は出来ませんが、総じて言えるのは「明日の自分戦略」を分かりやすく書いたモノという言い方が出来ると思います。明日の自分戦略と言うととても大袈裟に聞こえますが、最初に書いたように「今日がつまらなければ、明日もつまらない」だから「今日から変えよう」その「変える方向性はどっち?」という自然体な取り組みかも知れません。

それを具体的に「何から?」「いつ?」という形でストーリー中に伝える部分があるのですが、そこも良かったです。そう、この部分…

「ここ大事!」
「中身はすぐに変わらん。しかし、行動はすぐに変えられる。そしてそれ以外に中身を変える方法もない。」
ダイエットでも何でもそうですが、これをすると効果てきめん!という手法はあるのですが、実はそれが効果として出るのはもの凄い時間がかかるという事を体験的にも理解していると、この言葉の響きが重くなります。

私も、ジムに行って体を絞ろうと頑張ってみたり、英語能力をあげようと勉強したりしていますが、自分自身で「これが効果だ!」と分かるまでは、1年ぐらいはかかります。そう「中身はすぐには変わらん」です。でもそれを始めないとダメなわけで「それ以外に中身を変える方法もない」事が心底理解できるわけです。

私自身(マニアではないですが)「7つの習慣」をまめに読んでいるのですが、これはストレートに会得するのは相当なものです。たとえて言うと「梵語で書かれた聖典」のような位置づけになります。一方でこの「白いネコ…」は、般若心経ぐらいでしょうか?(結局私には分からない…というオチなのですが…)

でもこの般若心経を元に、また7つの習慣に戻ると、またこれも理解が進む部分があるものです。

【もっと良い書評を読む】
【あなたは誰ですか?】白いネコは何をくれた?
必読!「白いネコは何をくれた?」




ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« iPhoneから見るビジネススマートフォンの未来 | トップページ | ニュー・ニュー・シング − ジムクラークというシリコンバレーを体現する人の記録 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/43131732

この記事へのトラックバック一覧です: 白いネコは何をくれた? BASiCSマーケティング戦略で自分をマーケティングする:

« iPhoneから見るビジネススマートフォンの未来 | トップページ | ニュー・ニュー・シング − ジムクラークというシリコンバレーを体現する人の記録 »