« デジタルネイティブとMac | トップページ | 白いネコは何をくれた? BASiCSマーケティング戦略で自分をマーケティングする »

iPhoneから見るビジネススマートフォンの未来


J.D.Power社が発表した最も高い顧客満足度のビジネススマートフォンにiPhoneが選ばれた件でニュースサイトが様々な報道をしている。

この報道に絡んで別のところにも寄稿したのだが、中身を見ると「いかにもアメリカ人」なのである。

例えば「ビジネススマートフォンユーザの69%はハンド・フリー・ヘッドセットを所有しており、うち74%の人はワイヤレスヘッドセットを使っている。(J.D.Power社発表より)」などと言われると、日本で街中をハンズフリーで(しかもワイヤレスで)使っていたら「かなり変な人」に思われるでしょう。

調査の中では、かなりの頻度でフリーズしたり、リブートしなければならない状態となり、ともかく不安定である点も指摘されていた。

The study finds that one-fourth of users report experiencing at least one software-related issue or problem with their current smartphone device. The software-related issues reported most often include the need to reboot the phone, application malfunction/freeze and issues related to touch screen malfunction. Among those owners who have experienced a software problem, 44 percent report having to reboot their device at least once on a weekly basis during the past 12 months, while 34 percent report experiencing either an application malfunction or application freeze at least once per week.

調査によると、ユーザの1/4が、彼らの現在のスマートフォンに関して、少なくとも1件のソフトウェア関連の問題を経験している事がわかります。 報告されているソフトウェア関連の問題は電話、アプリケーション不調/フリーズ、およびタッチスクリーンの不調に関連する問題で、それらはリブートする必要性を含んでいます。 ソフトウェアの問題を経験した所有者の中で、44%は過去12カ月(1年)、毎週のペースでデバイスを少なくとも一度はリブートしなければならないと報告しています。34%のユーザは、1週間単位でアプリケーション不調かアプリケーションのフリーズを一度は経験すると報告しています。

iPhone Manufacturer Apple Ranks Highest in Business Wireless Smartphone Customer Satisfaction

今、iPhoneをはじめとするスマートフォンに手を出している人は、かなりの「アーリーアダプタ層」だろうから、いわゆる「人柱」なので、ある意味ではそれも「ネタ」になるだろう。

さて、本題はそれではなくビジネススマートフォンの未来という意味では、面白い記事があった。

Citrix lets users remotely log into their corporate networks, so they can access their data—as well as applications at the office—remotely. Citrix has been available to both Windows and Mac-based machines, but this will be the first time iPhone users will be able to log in remotely to a Windows-based machine.

Citrix社の(クライアント)製品は、ユーザに彼らの企業ネットワークにリモートログインさせることができるので、それによりオフィスのアプリケーションと自分のデータに対して、リモートでアクセスできます。 CitrixはWindowsとMacベースのマシンの両方で利用可能ですが、ここで指摘しているiPhoneアプリは、ユーザがWindowsベースのマシンにリモートでログインできる初めてのiPhoneになるでしょう。

Apple iPhone Gets The Business From Citrix

Citrix社コミュニティページより

つまり、ここではiPhone(を例に)Citrixの仮想クライアントをモバイルで利用する事で、会社のデスクトップの業務を、そのままiPhoneで出来る。という事になります。

リモートで仕事出来るか否かというレベルではなく、あらゆる場所が自分のデスクになるという事が現実となるわけです。しかもデータは持ち出さないので、漏洩対策も完全です。


このCitrix社にはコミュニティページがあり、そのコミュニティページでの投票では、この機能についてどういうシーンで使うか質問していて、53%の回答者(11/13現在)は自社の社員に使わせたいと回答している。
(17%の回答者は使いたいけど会社が許可しないだろう、とも回答している)

さて、ビジネススマートフォンにより、ユビキタスオフィスが実現出来たとして、さらにその先には何があるのでしょうか?

このビジネススマートフォンの先にある発想は、Citrix社によると、"Nirvana Phone"という究極のモバイルクライアントのアイデアに行き着くそうです。

これはかなりのイノベーションとなる凄いアイデアです。 しかし‥この名称は‥‥

この夢のようなビジネススマートフォンによるユビキタスオフィスの実現となるその名称が"Nirvana Phone"

"Nirvana"は直訳すると「涅槃(ねはん)」つまり極楽の境地という事なのだが、果たしてビジネスマンがiPhoneなどのスマートフォンを活用し、あらゆる場所でもガンガン ネットを活用して、バリバリ仕事をして‥

果たして「極楽、ごくらく‥」と言ってられるのだろうか‥

Citrix社の発表会で見せたビデオへのリンクを貼っておきます。結構凄いですよ。

さらに以下はその具体的操作をしているもの




ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« デジタルネイティブとMac | トップページ | 白いネコは何をくれた? BASiCSマーケティング戦略で自分をマーケティングする »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/43102593

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneから見るビジネススマートフォンの未来:

« デジタルネイティブとMac | トップページ | 白いネコは何をくれた? BASiCSマーケティング戦略で自分をマーケティングする »