« ニュー・ニュー・シング − ジムクラークというシリコンバレーを体現する人の記録 | トップページ | Yahoo!の5つの失策 − 誤算の研究 »

彼女がニューヨークで一番の花屋になれた理由 − 意外と脳科学だったりして



かなり前に気になっていた本。実はWebookというもの凄い量の本を読んでいる方の書評を見て、読もうとおもっていて、かなり長い間 そのままになってしまっていた。

花屋をまかされる事になった女性が主人公なのだが……この本のメインストーリーは、あちこちに既に書いてあるので、ここで私が書くまでもないでしょう。自己暗示をかけるような様々な新しい生活習慣をしてみる、それで……というシンデレラ風な物語。

実は、私は何かビジネス的な収穫が得られることを期待していたのですが、読んでいて、先日書いた「白いネコはなにをくれた?」と似た部分を感じて、ビジネス系の収穫は諦めた。つまり、そういったビジネス戦略だとかそういったものとは違うという事です。


しかしながら、ちょっと元気になる言葉が色々とありました。
何もしなければ、なにも変わらない。
なにかアクションを起こした人にだけ、変化が訪れる。

そう、「今日がつまらなければ明日もつまらない」、だから何かの変化のアクションをしていくというものだ。基本コンセプトは、先の「白いネコは何をくれた?」と似ている部分がある。さらによみすすめていると、意外と脳科学と関連性があるのか?と思えてきた。

この本の前半は(先に書いた)シンデレラ的ストーリーなのだが、後半がその内容の解説編である。その解説は、ある程度科学的な感じのする解説だった。単なるシンデレラ的な中身ばかりでなかった。

古い脳(自律神経系)は、想像と現実の区別がつかない。その古い脳に働きかける一番効果的なことが、割と単純な「言葉の魔法」なのだ。といっても内容は単なる「口ぐせ」みたいなものだ。
それと印象的な言葉がもう1つ。
夢は"映像"でイメージする
自分の夢や目標は具体的な映像が描けるほどに具体的に考えることが必要。そのイメージに向けて努力していくということでしょう。この2つの点はとても印象的でした。

サブタイトルには「アメリカ大富豪に伝わるお金持ちになる魔法」とあります。この「古い脳への働きかけ」と「夢は映像でイメージする」はそのキーファクターかも知れません。

この本は読む人にとっては「なぁ〜んだ、くだらね〜」と言われてしまいそうな内容かも知れない。中身も一気に読めてしまう。でもきっと何かちょっとした事に悩んでしまった女性とかは、この文体だと結構素直に読めてしまって、勇気づけられることもあるんだろうなぁと思いました。

「女性だからという」ものの言い方はちょっと正しくないかも知れませんが、本全体の装丁とかデザイン、挿絵 そういったものが女性をターゲットされている気がしたのです。
だからと言って、私のような男性が読んで違和感はないので、本当にソフトにまとめたものと思います。

つまり、「物語風にソフトにまとめる」と 伝わりやすい。そういった教訓も得られた本でした。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« ニュー・ニュー・シング − ジムクラークというシリコンバレーを体現する人の記録 | トップページ | Yahoo!の5つの失策 − 誤算の研究 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/43216871

この記事へのトラックバック一覧です: 彼女がニューヨークで一番の花屋になれた理由 − 意外と脳科学だったりして:

« ニュー・ニュー・シング − ジムクラークというシリコンバレーを体現する人の記録 | トップページ | Yahoo!の5つの失策 − 誤算の研究 »