« iPhoneは携帯ではなくNetbook-ネットワークの使い方からの見え方 | トップページ | ハイパー・ローカル広告市場−来るであろうモバイル広告の本質 »

やっぱり2008年はモバイル広告が来なかった−でも諦めちゃいけない


以前のエントリ「来年こそ(欧米では)モバイルの年だ」として来年の2009年には、欧米でもモバイル広告市場が立ち上がるのではないか?と書き、そのココロは「Web技術トレンドと日本の技術」に記した通り、携帯に関して先進国である日本の技術をいよいよ生かす時が来た。と書いた。

だが、残念ながら今年はモバイル広告なんて市場はまだまだで、一気に不景気がきたので広告自体がかなりヤバイ感じになっている。

7. 2008 WILL BE THE YEAR OF MOBILE ADVERTISING You've been hearing that prediction since 1996, and every year people trot it out again. Sure, there were lots of advertising milestones this past year: Apple's 3G iPhone and App Store changed the way people think about mobile devices; the much-anticipated Google phone debuted; and touch screens became a staple of new phones everywhere. But mobile advertising remained a blip on the total marketing radar. Maybe 2009?

7. 2008はモバイル広告の年になるだろう
あなたもご存じの通り1996年から毎年言われている事だ。ここ何年の間に沢山のマイルストーンとなる事が起きた。Apple社のiPhone 3GやApp Storeによって人々がモバイルデバイスについて考える事となった。さらにGoogle Phoneがリリースされ、タッチスクリーンはどの新機種でも必須である。しかし、モバイル広告は全然来なかった。もしかして2009年?
Digital Predictions That Didn't Pan Out
当たらなかったデジタル系の2008年予測

これほど待ちこがれている新市場なんだが、欧米で一向に来ないのは、まだモバイル広告媒体としての絶対数、つまり広告が表示可能な携帯電話自体が少ないのかも知れない。

まぁ、この調子では2009年も市場として立ち上がらない気もするが、このあたりで「欧米は遅れていてダメだ!」と乗り込むのを辞めた日本企業も(実は)あるのではないか?と思う。そんな時にITproに関連記事が掲載されていた。


今の携帯電話産業の状態をどう見るか。

 オセロの4スミのうち3スミを米国の企業が埋めたと感じている。iPhoneを持つアップル,Androidのグーグル,米マイクロソフト,そしてノキアだ。ノキアはフィンランドの会社だが,会社のトップが米国に住居を移しており,もはや米国企業になりつつある。携帯電話のアプリケーション開発はオープン化へと向かっている。この局面をひっくり返すのは難しいのではないか。
携帯電話産業がシリコンバレーを無視するのは自殺行為

知らぬ間にスタンダードがシリコンバレーに移行しつつある、というのが吉川欣也氏の仮説である。この仮説は検証している間に、現実問題化しそうな気がしてならない問題の様な気がする。

シリコンバレー信者でなくとも、携帯電話のスマートフォン化の流れは否めない事は共通理解だろう。そして、そのスマートフォンのコアは様々なアプリケーションで構成されていて、その機能自体はネットでの稼動によって、よりその効果を大きくする様に設計されるだろう。

そうしたネットを使って最大効果を行うアプリや環境の世界最先端は、インターネット発祥の地でもあるシリコンバレーという事になる。

その意味では、国内仕様(ドコモとかauとかSoftbank)向けにこだわらず、最新仕様をCatch Upする意味でも、ここで打って出るか、そのままなのか?の分岐点という気がしてならない。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« iPhoneは携帯ではなくNetbook-ネットワークの使い方からの見え方 | トップページ | ハイパー・ローカル広告市場−来るであろうモバイル広告の本質 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/43461195

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり2008年はモバイル広告が来なかった−でも諦めちゃいけない:

« iPhoneは携帯ではなくNetbook-ネットワークの使い方からの見え方 | トップページ | ハイパー・ローカル広告市場−来るであろうモバイル広告の本質 »