« Wal-Martで$99 iPhone発売は誤報だけど、Appleの狙い目は合っている | トップページ | iPhoneは携帯ではなくNetbook-ネットワークの使い方からの見え方 »

世界で一番厳しい日本の労働環境?−でも生産性はどうなんだろう


偶然だが「ヨーロッパ人」「シリコンバレーで働く人」「日本のサラリーマン」の働く状況について、相対的に比較できそうな記事を見つけ、ひょっとして日本人サラリーマンが一番キツイのかも?と思ってしまった。

ヨーロッパ人は2時間のランチを主張する―それではスタートアップはやってられない」というTechCrunchの記事はヨーロッパ(特にパリ)の働く様子が伺えて面白かった。

カンファレンスの主催者、Loic Le Meur (フランスの起業家で、彼の最新のスタートアップ、Seesmicを運営するためにシリコンバレーに移住してきた)は、シリコンバレーは夢中で働きすぎだと述べた。ヨーロッパ人は生活の楽しみを求めてランチに2時間はかけるというのだ。
<中略>
2時間のランチは楽しい。しかし起業家は投資家と従業員(そして、その家族)に責任がある。何かを犠牲にしなければならない。ヨーロッパでもっとも仕事熱心で、もっとも成功した起業家の多くがシリコンバレーに移住してくるのはそれが理由だろう。こちらに来ればそういう働き者の仲間が大勢見つかる。

ヨーロッパ人は2時間のランチを主張する―それではスタートアップはやってられない

つまり、ヨーロッパ人からすればシリコンバレー人は「働き過ぎで余裕がない」と見えてしまうのだろう。逆にシリコンバレー人からすれば、ヨーロッパ人は働く真剣みに欠けると見えてしまうのだろう。

私もネット系企業に勤める身なので、どちらかと言うとシリコンバレー・スタイルだと思っているので「それじゃぁ、ヨーロッパでネット系企業が大きくならないよ」なんて思ってしまうものの、2時間のワイン付きランチは正直「羨ましい」気がする。

さて、それと偶然同じ日に見たブログエントリに、こんなのがあった。

ここではシリコンバレーから着た人が、日本人サラリーマンの「過激な」働きぶりに、とても驚いている様子が書かれている。

Here is the schedule of my colleagues in Japan, and this is entirely typical in Japan: come in to work at 9 AM, on the dot, after a standing-room-only commute on a very crowded train lasting an hour or more, often changing 2-3 trains along the way. Lunch around 12:30 to 1 - usually a quick affair, often at their desk, so it is not even much of a break. Work till at 8 to 9 PM, with many folks staying in the office as late as mid-night, catching the last train, another hour spent commuting (trains are crowded even at 11 pm on week days!). If it is an important customer, you go out to dinner with them (add 3 hours!), and that means last-train-if-you-are-lucky and the last train is usually even more crowded. Yet, they are back at 9 AM next morning, impeccably dressed. I estimated that most of my colleagues cannot be getting more than 6 hours of sleep a night, and that’s assuming they do nothing at home after work other than sleep - which is what I did most of last week. I was so exhausted every day, all I could do was get to my apartment and just sleep.

【意訳】ここに私の日本での同僚のスケジュールを紹介しよう。ただし、これは日本の典型的なものだと思って欲しい。9時から働き始めている。立ち席しかない、とても混んでいる通勤電車に2〜3回乗り換えて、1時間かそれ以上かけて出社してくる。12時30分から1時まで昼食で、とても急いで机の上ですます事が多い。午後8時か9時まで多くの人がオフィスにいて、ついに深夜にまで至る。終電になんとか乗り込み、11時だと言うのにとても混雑している電車で帰る。
もし重要な顧客がいたら、外出して3時間ぐらいはディナーに行き、運が良ければ終電に乗れる。そして翌日朝の9時にちゃんと出社しているのだ。
私は同僚が6時間程度しか寝ていないのだと推測している。もう私は毎日がウンザリで、私はただ自分のアパートに戻って寝るだけなのだ

Silicon valley works hard? Try Japan …
意訳:シリコンバレーはとても厳しい?じゃあ日本で働いてみたら?

この後にインドからの同僚の様子なども交えて紹介しており、いかに日本のサラリーマンがタフであるのかが伺える記事になっている。

つまりシリコンバレーから来た人でも音を上げるぐらいハードな労働なのが日本人サラリーマンなのだろう。これは先のヨーロッパ人等と比べると「日本人サラリーマンは最強」 という結果になる。

だが、冷静に考えれば最強でも何でもなく、単に異常なのではないか?などと考えてしまう。特にこのブログのコメントも秀逸だ…

「俺が見た限りでは、机には遅くまで座っているが、全然関係ない事しているヤツが多かった」といったコメントの指摘があった。
その締めくくりが秀逸だ。

Just from personal experience … how productive are you when you’re working 14 hours, day after day after day? 個人的経験で言うと、毎日毎日14時間も働いていて、どういう生産性なんだろう?

Silicon valley works hard? Try Japan …
意訳:シリコンバレーはとても厳しい?じゃあ日本で働いてみたら?

そう、我々日本人サラリーマンの生産性はどうなっているのだろうか?長時間働けば、残業代は貰える。でもそれでは全然競争力は向上しない。ヨーロッパ人の様に2時間ワインで昼食に時間をかけても、生産性は日本人よりも高いかも知れない。

だったら、最強じゃなくて最弱であるばかりでなく、2時間ランチもない、とても寂しい感じがしてしまう。本当に成果を管理して報酬を考えるという時代が、日本にはいつ来るのだろうか?



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« Wal-Martで$99 iPhone発売は誤報だけど、Appleの狙い目は合っている | トップページ | iPhoneは携帯ではなくNetbook-ネットワークの使い方からの見え方 »

コメント

ZohoのSridah 社長はSaaSの会社を経営しているので 社員や取引先も時代の最先端で 良く働くのでしょうが 日本人はだらだら仕事を行い、過当競争の中で Innovationを おこせず 長時間労働になっているだけとの コメントも出てます。

  Innovationについて ご興味あるとのことで、

Pls take a look at "Papers Written" section of my blog. (upper left part of my blog) for 2 URL for papers on Innovation.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/43432928

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で一番厳しい日本の労働環境?−でも生産性はどうなんだろう:

« Wal-Martで$99 iPhone発売は誤報だけど、Appleの狙い目は合っている | トップページ | iPhoneは携帯ではなくNetbook-ネットワークの使い方からの見え方 »