« iPhoneを持って外へ | トップページ | 日米のテレビ視聴中のネット利用状況の差 - 日本はすっかりモバイル王国に »

GeoCities閉鎖とライフログ


businessinsider.comより


Silicon Alley Insiderによると、世界初のホームページサービスGeoCitiesが、維持するだけのコストが見合わずに閉鎖される、との事。

ネタ元:GeoCities Cost More Than MySpace, YouTube, Bebo, Flickr and Skype Combined
(GeoCitiesはMySpace YouTube Bebo Flickr Skypeを合わせたよりも高価だ)

ドットコムバブル最盛期にYahoo!に50億ドルという高額で買収されたGeoCitiesだったが、この不況下で閉鎖されるらしい。

ユーザそれぞれが色々な思いや記録を残していったであろうサービスが閉鎖されるのは、直接の利用者ではなくとも、インターネットに係る人間として、1つの歴史の転換点なのかも知れないという思いを持つ。

私自身も様々な理由で、自分の関わった(もしくは、たまたま担当した)サービスを閉鎖せざるを得ない事情に遭遇した時には、ビジネス的にドライになるという事はなかなか出来なかった。

ユーザ個々に謝って廻りたい気持ちだったし、一部のユーザの方とそうした話になったときには、本当に申し訳ない気がして話をした。

サービスに関わっている側としては、そういう意味でGeoCitiesの今回の件から思うのは、今後きっと出てくるであろう「ライフログ」関連サービスについても、同様に転換点がきた時にどうするのか?という課題を感じる。

特にライフログの様なサービスが、それほど万難を排してサービスを提供するわけでもないとしたら、ある日突然 自分の記録が消えるという事になる。

ダウンロードして、自分で記録を保持するかも知れないが、記録する機能込みでサービスというのだろうから、ライフログサービスのあり方は「継続性」という意味で、重要な課題を持っている。

まぁ、元々 私の様な者の記録など大した事はないので、それほど気にしなくていいんだが‥



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« iPhoneを持って外へ | トップページ | 日米のテレビ視聴中のネット利用状況の差 - 日本はすっかりモバイル王国に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/44809872

この記事へのトラックバック一覧です: GeoCities閉鎖とライフログ:

« iPhoneを持って外へ | トップページ | 日米のテレビ視聴中のネット利用状況の差 - 日本はすっかりモバイル王国に »