« 地球村の彼方−グローバルビレッジ−未来からの伝言 | トップページ | GeoCities閉鎖とライフログ »

iPhoneを持って外へ


In the uarban woods
昼休みの会社近くの公園へ、iPhoneを持って外にいってみる。天気が良すぎると暑いのだが、今日はちょっと曇っているせいでちょうどいいくらい。

この時期は外にいてとても気持ちいいのと、単にボーっとしててもいいが、iPhoneのRSSリーダで情報をざっと見るというのも気持ちいい。

緑あふれる環境で、世界の情報をざっと見ながら、様々なウェブの話を読んでいると、オフィスにいるのとは違った晴れ晴れとした気持ちになるから不思議だ。

ネットブックぐらいの大きさと機能がないと、PCとしての使い勝手とか、性能だとか視認性だとか、色々な面で中途半端といった意見もあろうが、iPhoneは大きすぎず小さすぎず、どうしてこの大きさを決めたのか不思議なくらいな気がしている。

強いて言うとフォントの大きさをアプリ全体に大きくしたりといった事が出来るといいかも知れない。年齢によるものなのだろうが、小さい文字(フォント)を見続けるとかなり目が疲れるのだ。

今度は、天気のいい休みの日に缶ビールでも片手に、近所の川原で、世界の情報の流れに身を任せてみようかな。

ちなみにこの写真は、会社近くの公園なのだが、都会の真ん中とは思えないほどに鳥の声がして静かな場所なのです。

さらに言うと、iPhoneアプリの「Flickit」というのを使うと、撮った写真をFlickrに自動で上げてくれる。(タグとか指定しますが‥)

後でFlickrのサムネイルURLをココログに貼れば、写真引用の出来上がり。しかもココログのupload制限にも引っ掛からないです。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« 地球村の彼方−グローバルビレッジ−未来からの伝言 | トップページ | GeoCities閉鎖とライフログ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/44732011

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneを持って外へ:

« 地球村の彼方−グローバルビレッジ−未来からの伝言 | トップページ | GeoCities閉鎖とライフログ »