« [休日] ベイスターズを応援しに行く | トップページ | iPhoneを持って外へ − まだ真のブロードバンドの入り口かも »

iPhoneを持って外へ − 来るべきブロードバンド社会を感じる


In the park
先日のエントリ「iPhoneを持って外へ」では、天気や気候もいいので、昼休みは近所の公園にiPhoneを持って、外で情報収集などをすれば、とても気持ちいい。という話を書いた。

これが、とても気持ちいいだけでなく、恐らくは近い未来は、こんなワークスタイルが「変」でなくなる時代が来るだろう。

つまり、インターネットの利用シーンにおいて、自分が情報を受ける場面は、発信する場面よりも明らかに多い。どんなに頑張ってもインターネットを見る時間の方が長いはずだ。例え有名ブロガーでもそうだろう。

つまり、インターネットの情報受信があらゆる場所で可能になる事。そして、その受領した情報にリンクする形で(ブログなどの)情報発信が行えれば、まさに生産性向上だけでないイノベーティブなスタイルなのではないか? もっと具体的に言えば、iPhoneを使うことで、そうした新しいスタイルがより簡単に出来る様になった、気がする。

そんな事を思っていたら、iPhone販売元の孫氏がとてもビジョナリーないい事を言っていた。

Q:ブロードバンドの将来をどのように考えているか。

 私は毎日iPhoneを使っているが、インターネットへのアクセス頻度はおそらく5倍くらいに増えた。一方、パソコンを使ってインターネットにアクセスする頻度は10分の1に減った。では光ファイバー通信はどのくらい必要なのだろう、と思う。
 もしかしたら光ファイバー通信を使う人はインターネットの使い方では少し遅れた人なのではないか。つまり、最先端の人は家に帰る前には仕事はすべて終わっている。私の例でいくと、以前は家に帰ってからパソコンを1時間か2時間開いていた。今は5分も開かない。「光の次はiPhone」とみんなの認識が変わる時代が来るのではないか。
 もちろん、光通信もあったほうがいい。設備投資が小さければ邪魔にはならない。人々があまり必要としないかもしれないものに大きな設備投資をするというのは、時代の読み方としていかがなものか。

孫社長「大規模投資せず負債完済」 ソフトバンク09年3月期決算
(太字などの引用にあたっての改変は私が行いました)

固定電話の音質がドンドンと良くなりました、固定電話の電話料金がドンドン安くなりました…といっても、もう誰も固定電話に固執しなくなり、携帯電話があれば何の問題もない時代となった。

つまり、これと同じ事として、ブロードバンドの本質は光ファイバーではなく、あらゆる所で使えるブロードバンドという意味で、ユビキタスなのではないか?というのが主張の本質でしょう。

私の会社も光ファイバーを売っている派の一味なので、この本質の前にはとても危機感を感じているのだが、実は事の本質はiPhoneを使っていて思うのは、このユビキタスにある事は確かだと実感する。

だが、一方で(例えばこうして)ブログを書いたり、プログラムを書いたり、デザインをしたりといった事は、パソコンに光ファイバを使えばよろし。つまり、不必要にパソコンやブロードバンド回線を使わせようとしていないか?という点が最大のポイントという事になる。


さて、GW明け早々に小難しい話をしてもしょうがないが、iPhoneをお持ちの方は、RSSリーダアプリを入れておいて、好きなブログなどのフィードを、明るい太陽の下で眺めていると、本当にそうした時代が主流となる「実感」を得られる。


さて、そうした幸せを台無しにするものが、都心の公園には多いのだ……

そう、それは冒頭の写真にも納めてある。「タバコ」である。

私はもう3年かそれ以上前にタバコや辞めて、一切吸っていない。先に書いたユビキタス社会の幸福な一面をいち早く経験出来る…と書いたものの、この煙害は本当に困る。

おまけに冒頭の写真にある様に、吸い殻ゴミも目障りだ。千代田区や品川区は道路上での喫煙も許されていないが、公園はその除外地なのだろうか?

まぁ、何にしてもユビキタスで幸せな社会が出来るという事に、タバコ害が邪魔をして欲しくないものだ。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« [休日] ベイスターズを応援しに行く | トップページ | iPhoneを持って外へ − まだ真のブロードバンドの入り口かも »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/44913258

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneを持って外へ − 来るべきブロードバンド社会を感じる:

« [休日] ベイスターズを応援しに行く | トップページ | iPhoneを持って外へ − まだ真のブロードバンドの入り口かも »