« iPhone OS 3.0は全部の機能が提供されてない - スマートフォン普及のカギなのに | トップページ | 選挙を私たちから見えない所でやろうとしていないか? »

iPhoneにFlashが載らないのはAppleが全ての覇権を警戒しているから?


Adobe Flash on iPhone?

AndroidにFlashが搭載されたというニュースが流れていた。随分前から、iPhoneでFlashが稼働するか否かという話が出ていたが、未だにその稼働したという話は出ていない。

単に想像でしかないのだが、Flashはそれ単体でアプリが作成可能なほどクリエイティブなツールというか、「アプリケーション基盤」である。つまりアプリを独占的にiTunes Storeから提供しているモデルであるAppleとしては、バリエーションが出ると困るのである。

アプリに広告を載せるならまだしも、独自に課金する事も可能だろう。iPhoneらしいデザインインターフェイス以外のインターフェイスデザインも可能であるし、しかもそれがブラウザ経由で可能なので、Appleのコントロールはまず無理だろう。

さらにAndroid/Windows Mobileといった「競合」プラットフォーム上で稼働しているものも、ほぼそのまま動くだろうから、iPhoneの独自性や優位性を揺るがす可能性が出てくる。

さあ、これからどう動いていくのか、AppleにとってAdobeが憎いわけではないだろうが、iPhoneに必要であるわけでもないだろう。これが逆転の発想とされると……

Android陣営としては、このFlashを生かさないテはないだろう。つまり、Flashにはミニアプリが沢山あって、特に「暇つぶし系」と言われるゲームなどはこの範疇に入るだろう。

モバゲーやグリーといった「携帯系ゲーム」や「アバター」とその周辺のアイテムといったものは、全てFlashが前提となっているとすれば、HTCのモデルをドコモが発売する時には、これを最大限度生かしていく事になるだろう。

さらに現在のケータイでは生かし切れていないGPSなどの「ロケーション情報」とFlashのゲームやアバター(グッズ)を絡めると、さらなる進化が期待出来る「モバイル・コミュニティ」の形成が期待出来る。

こうして考えると、Appleにとってのジレンマが、Android陣営にはある意味で「最強の武器」となりうるかも知れない。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« iPhone OS 3.0は全部の機能が提供されてない - スマートフォン普及のカギなのに | トップページ | 選挙を私たちから見えない所でやろうとしていないか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/45483309

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneにFlashが載らないのはAppleが全ての覇権を警戒しているから?:

« iPhone OS 3.0は全部の機能が提供されてない - スマートフォン普及のカギなのに | トップページ | 選挙を私たちから見えない所でやろうとしていないか? »