« インターネットの未来はモバイルにあり-ただしiPhoneでもAndroidでもない | トップページ | iPhoneのプロスポーツ活用 − ナレッジマネージメントとして興味深い »

音楽アルバムの再発明 − Appleタブレットなんかよりも興味深い


「Appleタブレット」:標的は音楽と書籍市場か
iPhoneは大成功したかどうかはまだ分からないだろうが、少なくとも従来のAppleとかMacintoshウォッチャーに加えて、iPhoneウォッチャーが加わった事は確かだろう。

その余勢をかってか、アップルがタブレット型のものを出すとウワサが広まっている。どういった情報がどのようにリークされたのか分からないが、様々な機能的なウワサは広まっている。

機能的な特徴とか、大きさとかは多少気になるものの、実はこのウワサのもっと気になる点は以下の部分にある。






同紙によれば、タブレット機の主要目的は、複数曲が入った音楽アルバムの売上を復活させることだ。現在デジタル市場で利益を失いつつある音楽業界が、再び利益を得られるようにビジネスの流れを逆行させるこの試みには、「Cocktail」(カクテル)というコードネームが付けられている。消費者が自分の好きな曲だけを選ぶのではなく、アルバム全体を買うように促すのが目的だ。[同記事によるとCocktailは、Apple社がEMI社、Sony Music社、Warner Music社、Universal Music Group社と提携して取り組んでいるプロジェクト名]

音楽を聞く時に、同時に10インチの画面で、アルバムの歌詞や解説やアート作品、あるいは動画などの双方向コンテンツを楽しませるという目論みであり、ある情報筋は同紙に対し、「要するに、音楽を聴きながら、友人たちと共にアルバムのアートワークを眺めるという、アルバムの全盛期を再現するためのものだ」と話している。

「Appleタブレット」:標的は音楽と書籍市場か

記事にもあるが、iTunes + iPodが「アルバム」という概念を完全にぶち壊し、あくまで曲としての価値を問う形にしたのだが、今度はその「アルバム」そのものの価値を向上させるものだという。

相矛盾した様な話だが、記事引用の後半(著者強調部分)では、音楽を聞きながら、友達とアルバムの様々な情報を見て楽しむ、とある部分が音楽アルバムの再発明なのではないだろうか?と期待する部分である。

それは単純な想像をしても仕方ないが、キーとなるのはやはり……

この新しいアルバム再発明を楽しむためのキーは、やはり「インターネット」だろう。当たり前だが。

今でも星の数程もある音楽関連サイトやコミュニティとは一線を画す、音楽そのものを何倍も楽しめる仕組みなんではないだろうか?

例えばアーティストのメッセージ(ライナーノーツ)に加えて、ライブメッセージ・ライブチケット購入・友人同士の様々な感想や意見……そういったものを、アルバムやその中のビデオや曲の周りで楽しめたら、音楽とインターネットの新しい楽しみ方なんではないだろうか?

iPhoneで電話の再発明と謳ったAppleだから、音楽アルバムの再発明をぜひ期待したい。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« インターネットの未来はモバイルにあり-ただしiPhoneでもAndroidでもない | トップページ | iPhoneのプロスポーツ活用 − ナレッジマネージメントとして興味深い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/45817961

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽アルバムの再発明 − Appleタブレットなんかよりも興味深い:

« インターネットの未来はモバイルにあり-ただしiPhoneでもAndroidでもない | トップページ | iPhoneのプロスポーツ活用 − ナレッジマネージメントとして興味深い »