« 音楽アルバムの再発明 − Appleタブレットなんかよりも興味深い | トップページ | iTunes9のウワサ − 日本のネットユーザの活性剤にならないか »

iPhoneのプロスポーツ活用 − ナレッジマネージメントとして興味深い


前半戦2位 ホークス復活の陰に「iPhone 3G」
スマートフォンなのだからビジネスに利用しないと…というオジサンは多いのだが、スマートの意味をはき違えなければ、インターネットのパワーを存分に発揮するツールである事は間違いない。

インターネットのパワーの最大の武器は、時間と距離を超えた様々なコミュニケーションだけでなく、SalesForceに見られるように、クラウドのパワーにもある。クライアント(この場合はスマートフォンであるiphone)がインターネット上にあるクラウドのパワーを最大限に引き出してこそ、スマートフォンの真価発揮となるわけである。

そうした復習はともかくとして、ソフトバンク・ホークスが好調である影で、そうしたインターネット+スマートフォンという、一次元進化した様子を、(これもまた、iPhoneに関する記事の多い)石川 温氏が書いている。






 チーム専用アプリは、選手名を選んだ後、試合日や対戦チームなどから特定の打席を検索すると、そのときの映像が配信されるというものだ。ヒットやホームラン、三振、犠打といった結果の一覧からも映像を探して再生できる。移動時間中でも自分のスイングの癖や相手ピッチャーの特徴などを動画で確認できるようになっている。
 実はこのプロジェクト、昨年秋に北京五輪で銀メダルを獲得したフェンシングの太田雄貴選手が「iPod touch」で対戦相手の動画を持ち歩いて研究していたという話を聞きつけた孫正義オーナーの思いつきからスタートしたのだという。
 「孫オーナーからは『iPhone 3Gを使って、なにかチームに役に立つものを作れ』というオーダーだった。とにかく選手たちは毎日試合があって移動時間も多い。日常生活だけでなく、仕事である野球を支援できるものを目指していった」(アプリ開発を担当した福岡ソフトバンクホークスの三笠杉彦企画室ディレクター)
<中略>
 プロスポーツチームでiPhone 3Gなどのスマートフォンをチームの戦力強化に活用するという試みは世界でもほとんど例がない。まさに世界初となるプロジェクトなだけに、アプリ開発は手探りだったという。「iPhone 3Gで映像分析ができるといってもだれもイメージを想像できない。それだけにニーズをまとめていくのが一苦労だった」(三笠氏)
前半戦2位 ホークス復活の陰に「iPhone 3G」

記事にもあるが、選手が相手チームの様々な研究のための資料はDVDを始め、資料室にあるのだそうだ。だが、その資料室をインターネット上に置き、時と場所を問わずに研究材料として提供しているという部分が(古い言葉で恐縮だが)「IT革命」そのものではないだろうか?

つまり、この例示で私が言いたかった事は、インターネットのモビリティが上がらないと、日本にはIT革命が来ないのではないか?という仮説である。

それには日本人のある種の特性があると(私は勝手に)睨んでいるのだが……

パソコンを学校や図書館に沢山置いたり、光ファイバを日本中に広めても、本当のITによる便利さは感じられないのではないか?という(勝手な私の)仮説だが……

だって、iPodだって脱帽する、音楽を外に持ち出すそもそものWalkmanを発明した国なのだ。好きな時に好きな場所でインターネットのパワーを享受出来ないと、決して便利ではないのだ。

そのためにインターネット側には沢山の日々をリッチにしてくれる情報や機能を持たせ、スマートフォンのような、手軽な端末でそのメリットを享受して初めて、手にとって使おうという気になるのかも知れない。

話をソフトバンク・ホークスのiPhone活用に戻すと、全てのスポーツにも適用可能なナレッジマネージメントである事が分かる。

ビジネスマンにとっても(ある種の)ナレッジマネージメントとして活用するシーンが当たり前となる時代の前は、それがビジネスマン個人の差別化ツールになるだろう。なんかそんな気がする…という話でした。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« 音楽アルバムの再発明 − Appleタブレットなんかよりも興味深い | トップページ | iTunes9のウワサ − 日本のネットユーザの活性剤にならないか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/45818435

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneのプロスポーツ活用 − ナレッジマネージメントとして興味深い:

« 音楽アルバムの再発明 − Appleタブレットなんかよりも興味深い | トップページ | iTunes9のウワサ − 日本のネットユーザの活性剤にならないか »