« 企業のiPhoneアプリ活用 - ソーシャルメディア活用と同じかも | トップページ | Twitterは価値がない? − だけどアイスクリームは世の中を幸せにする »

[休日] ベイスターズの応援にいく


横浜スタジアム
横浜市在住歴は割と長いと思っているが、野球自体はあまり関心がないせいで、横浜スタジアムにはあまり行った事がなかった。

小学生の息子が野球に興味を持ち、地元の野球クラブに入団して、さらに野球に熱中する様になり、行きたいとせがむものだから行く様になった。

テレビの野球中継は見ないが、野球場には数回いく。というのも「やっぱりライブはおもしろい」からだ。

前回は家族で中華街に行って豚まんなどを食べて、その後に試合に行ったのだった。その時は、試合には負けるし、内野自由席と言っても1塁側は座席取りばかりで確保出来なかったという、さんざんな目にあった。

今回は横浜熱闘倶楽部という、横浜にホームを持つ、ベイスターズとマリノス(サッカー)を応援しようという団体の募集に当たったというラッキーな事情もあって、見に行く事になった。

近所のコンビニで弁当とお菓子と飲み物を買って、いざスタジアムに。

横浜ベイスターズWin

座席はかなり急勾配なので、グラウンドまでの高さを感じる。内野席が当たったとは言え、結構な高さである。

試合は広島との対戦で、結果は勝ったものの、かなりギリギリの戦いだった。毎回ピンチの連続で見ている(応援している)側も、ドキドキだった。

そしてスタジアムに来て、ライブで見た方がいいと思うのは、客席全体の一体感である。声を出したり、手を叩いたりといった応援をすると、チャンスには盛り上がり、ピンチでも盛り上がる。点が入ったらなお盛り上がるというわけである。

内野席のかなり上に今回座った。前回は(1塁側が取れず3塁側の)内野自由席。その前に長女も一緒に連れて行ったときには、外野自由席だった。

ようするに自由席系は早く行かないとホーム側は無理という事情を舐めていたのだった。

そういうわけで、指定席の方が座席探ししない分だけ楽でいいのだが、そうした事を考えても、やはり外野自由席(ライト側) が面白いし、盛り上がる。

つまり、私にとってのスポーツ観戦の醍醐味は、スポーツそのものの面白さも当然だが、同じチームを応援している観戦者達と一緒になって盛り上がるのところにある、という事だと自分で自分が分かってきた。

これからは、早めに出かけて、ライト側外野自由席に陣取って試合を楽しもう、と思う。



ブックマークに追加する



アット・ニフティストア

« 企業のiPhoneアプリ活用 - ソーシャルメディア活用と同じかも | トップページ | Twitterは価値がない? − だけどアイスクリームは世の中を幸せにする »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/46131217

この記事へのトラックバック一覧です: [休日] ベイスターズの応援にいく:

« 企業のiPhoneアプリ活用 - ソーシャルメディア活用と同じかも | トップページ | Twitterは価値がない? − だけどアイスクリームは世の中を幸せにする »