« WMC(World Mobile Congress)2010は、世界がスマートフォンにシフトしている事を表している | トップページ | 世の中を変える6つの事 - Y Combinatorの課題設定 »

Web Squared − 次のWebコンセプト(6) - 心の集合


Web Squared
かなり間が空いてしまったが、前回に引き続き、自身の英語力を顧みずに「Web Squared」という重要なコンセプトの、日本語訳に挑戦します。もっといい日本語化されたものがあればご指摘下さい。また、何か翻訳権を持っているとか、その類は何もありません。ご指摘あればすぐに引っ込めるので、関係者のご指摘をお待ちします。

The Rise of Real Time:A Collective Mind
リアルタイム性の向上: 心の集合

より会話が増えると、検索はより速くなります。
毎日または一時間毎にクローリングされる必要のあるブログが、何千万ものサイトに加わっている一方で、マイク
ロブロギング(microblogging)により、瞬時に起こっている内容のアップデートを必要としている。これはインフラストラクチャとアプローチの両方における重要なシフトを意味する。

流行の話題に関してTwitterを捜すだれもが、メッセージを打たれなければなりません:
「何が今起きていますか?」は数分後には「あなたが探し始めてから、もう42件増えています。リフレッシュして見てください。」」となっていました。

さらに、ユーザは検索システムでお互いに発展し続けています。共有された出来事をリアルタイムで検索可能とする人間のコンベンションである、Twitter上のハッシュタグ(hashtags)を取り上げて見てください:

もう一度言います。それ自身は荒くて矛盾している生データの流れに、人間の参加がどの様に構造に層を加えるかが見られます。

リアルタイム検索はリアルタイム応答を奨励します。

再Tweet(Retweeted)された「滝の様な情報」は、瞬間にしかも急速にTwitterの向こう側に拡がります。それを多くの人々が、何が今起こったのか?についての最も初期のソースとして知る事になります。
そして、これはただの「始まり」です。

TwitterやFacebookの状態(ステータス)アップデートのようなサービスによる新しいデータソースがウェブに追加され、リアルタイムの徴候が私たちの心の集合に何を及ぼすのだろうか

グアテマラとイランは、最近ともに、政治的な抗議が勃発し、Twitterを通して整理されるという、Twitter効果を感じる事がありました。

何が私たちをタイムリーな議論に導くのか:

技術により人間性を失わせている効果を心配する多くがあります。 私たちはその心配を共有しますが、コミュニケーションが私たちを一緒に結び、文脈を共有し、最終的にアイデンティティを共有するという、反対する傾向も見られます。

Twitterは、アプリケーションがどうデバイスに順応するかに関して、何か重要なものを私たちに教えます。
TwitterのTweetは140キャラクタ(文字)に制限されます。Twitterのまさしくその限界(制限)はイノベーションのほとばしりに通じました。

Twitterユーザは簡潔に(@username[ユーザ名]、#hashtag[ハッシュタグ]、$stockticker[株価速報])を開発し、Twitterクライアントは、すぐ、それをクリック可能なリンクに変えました。

伝統的なウェブリンクへのURL短縮サービスは、人気が出てきて、すぐクリックされたリンクに関するデータベースが新しいリアルタイム分析を可能にするとわかりました。

例えば、Bit.lyはあなたのリンクがリアルタイムのときに発生させるクリックの数を示しています。

その結果、新しい情報レイヤ(層)、検索、分析法、およびソーシャルネットワークといった、ウェブで主流であるサービスに匹敵するほど成長できたTwitterの周りに造られました。

また、TwitterはあなたがAPIを提供する場合、移動体提供者に何を起こすことができるか実践教育を提供します。

Twitterアプリケーションのエコシステムからの教訓が、SMSと他のモバイルサービスの機会、またはそれらに取って代わるぐらに成長できることを示しているかもしれません。

リアルタイムは、ソーシャルメディアやモバイルに制限されません。

……生活やビジネスにおけるリアルタイムの影響とは……

Googleはリンクが票である事を現実化したのと同様、ウォルマートは商品を購入する顧客が票であり、レジがその票を数えるセンサである事を示しました。

リアルタイムのフィードバックループは在庫を活用します。
ウォルマートはWeb2.0企業でないかもしれませんが、疑いなくWebSquared企業です:
オペレーションがITに吹き込まれる事で、先天的に顧客からのデータによって駆動され、彼らはより莫大な競争力における優位となる。

WebSquaredの偉大な機会の1つは、この種のリアルタイムの知性を、単一のサプライ・チェーンなしで、より小さい小売業者に提供できることです。

Tibcoの創設者および最高経営責任者である、Vivek Ranadive氏がマルコム・グラッドウェルの最近のニューヨーカーのプロフィールで雄弁に説明していたほどです:

「世界のすべてが現在、リアルタイムです。あるタイプの靴があなたの小さな商店で売れていない事が、中国のヤツが分かるまで6カ月かかりません。私のソフトウェアのおかげで、ほとんど瞬時に分かります。」

センサ駆動の購入(記録)がなくても、リアルタイムの情報は、非常に大きな衝撃をビジネスに与えます。あなたの顧客がウェブ(そしてTwitterで)全体にわたって彼らの意図を宣言している場合、彼らの動作や(検索)語を通して、会社はどちらも聴いて会話に参加しなければなりません。

コムキャストは、Twitterを使用することで顧客サービスアプローチを変えました。他の会社はその先例にならっています。

私たちが最近リアルタイムのフィードバックループに関して聞いた別の衝撃的な話は、彼ら有権者が実際に投票すると、すぐにリストと呼ぶ"Get Out the Vote"から有権者を外すオバマのキャンペーンで使用されたフーディーニシステムです。

有権者リストから名前が消されるタイミングで、主要な地区の投票立会人が詳細に報告します。
そして、これらはボランティアに提供されていた呼出しリストから「見えなく」なります。
(だから、フーディーニという名前なんです。)
([訳注]Houdini:ハリー・フーディーニ(Harry Houdini)「脱出王」の異名を取った奇術師。奇術師の代名詞。脱出して消える事からここではその名前となったと思われる)

フーディーニはアマゾンメカニカルタークが書いて大きくなったということです:
センサーとして務めているボランティアの1つのグループにおいて、複数のリアルタイムデータが、別のボランティア・グループのための指示に影響する作動装置として、その同じシステムで使用されることで連動して、使用されることでタスクの列(待ち行列)を作ります。

ビジネスは、リアルタイムデータが商品開発や顧客サービス、および資源配分のための、はるかに効率的フィードバックループを知らせる、主要な信号を結びつけて利用することを学ばなければなりません。

【今回の意訳はここまで】最後のまとめと課題は何か?という話を次に掲載したいと思います。



ブックマークに追加する



 iTunes Store(Japan)

« WMC(World Mobile Congress)2010は、世界がスマートフォンにシフトしている事を表している | トップページ | 世の中を変える6つの事 - Y Combinatorの課題設定 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/47649909

この記事へのトラックバック一覧です: Web Squared − 次のWebコンセプト(6) - 心の集合:

« WMC(World Mobile Congress)2010は、世界がスマートフォンにシフトしている事を表している | トップページ | 世の中を変える6つの事 - Y Combinatorの課題設定 »