« フリー - 無料=自由になるにはイノベーションが必要 | トップページ | iPad(iBooks)/Kindle上陸前の攘夷 »

Flash-freeサイトの増加 - iPad発売前に広まる非Flash化


NPR, WSJ prep Flash-free sites for iPad

iPhoneやiPadにAdobe社のFlash Playerが搭載されない件について、「iPhoneにFlashが載らないのはAppleが全ての覇権を警戒しているから?」というエントリ書いた。

まぁ、私個人の憶測記事と言えばそれまでだが、プラットフォーム提供者となったApple社が、同じコンテンツプラットフォームであるAdobe Flashに対して、そう安々と呉越同舟は許さないのである。

振り返ってみれば、昔々はAdobe Photoshopで使うためにMacを使っているだけで、普段のビジネスシーンはWindows等といった人が多かった気がする。つまり、Adobeのお陰でMacが売れた時期もあったはず。

まぁ、そうしたお世話した/されたの関係はともかく、Andoroid陣営がFlashをプラットフォームとして、コンテンツ戦略を進めるわけでもなく、ただ「iPhone/iPadに搭載されない」という不便さが残るだけである。

そうした中で、Flashを使わない様にするサイトが増えているらしい。National Public Radioや、Wall Street Journalといったメジャーニュースサイトが、Flashはずしに取り掛かったという記事である。

Both National Public Radio and the Wall Street Journal are preparing Flash-free iPad sites in time for the device's April 3rd debut.

【意訳】
National Public RadioとWall Street Journaは、iPadが発売される4月3日を目指して、Flashを使わないサイトを準備している。

NPR, WSJ prep Flash-free sites for iPad


確かにiPhoneで見たときに、Flashバリバリのサイトでは何も出来ずに困る。でも‥‥である。iPadインパクトの予測をどれほどの量と見ているのかが分かる反応である。

それで、どれくらいのインパクトと見るのか、販売予測数はあちこちで述べられているので、利用者意向を見てみたい。

利用者意向というのは「もしあなたがiPadを使うとすれば何をする?」というものである。米国で発表された数字を見ると‥‥

No Surprise: Most People Want to Use the iPad to Surf the Web

このデータを見る限りにおいて、当たり前だが半数以上の人がWebのブラウジングを行うと答えている。利用意向としては、他のメールや電子書籍よりも遥かに高い数字である。

もう1つ。この利用意向を見ていると、PCの機能の何を使いたいかとあまり変わらない感じを受ける。

要するにまとめると、販売予測数と利用者意向の両方から、Flashはずしのページを作成した方が良いという合理的判断が出来る。

* * *

日本のケータイユーザも、Flashサイトが見れない人が多いので、その意味で恩恵を受ける人もいるかも知れない。日本で4月発売を目前に、Flashはずしを進める話は聞かないが、それは単純にiPad効果は薄いと見ているという事だろう。

それとも4月に入ってから、静かにFlashはずしが進むのだろうか?




ブックマークに追加する



 iTunes Store(Japan)

« フリー - 無料=自由になるにはイノベーションが必要 | トップページ | iPad(iBooks)/Kindle上陸前の攘夷 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/47890063

この記事へのトラックバック一覧です: Flash-freeサイトの増加 - iPad発売前に広まる非Flash化:

« フリー - 無料=自由になるにはイノベーションが必要 | トップページ | iPad(iBooks)/Kindle上陸前の攘夷 »