« AppleのiADの背景 − 米国携帯市場は2011年末には半数がスマートフォン化 | トップページ | モバイルアプリ市場は最初からグローバル市場と考えないといけないが »

どっちのモバイルプラットフォームに乗るべきか悩む企画者


Google's Android Invasion: Prepare For Phase 2
NTTドコモの新機種「Experia」の発売で、かなりAndroidに注目が集まった。しかし、俄然市場シェアという意味ではiPhoneの方が大きい。

実際の計測値という意味では米国のAdmob(最近googleに買収された、スマートフォン広告配信会社)が図のような数字を発表している。日本市場におけるシェアという意味の数字は見かけた事がない。

一方でこれだけ広告が利用者をあおり、町中で見かけるようになるということは、ある程度の利用者数が実際に存在していて、米国ほどではないが、スマートフォンに注目せざるを得ない状況なのではないだろうか。

その意味で、日本の企業の多くが「これからスマートフォンの市場に乗り込もう」などと考えるタイミングだとしたら、次の問題は「どのスマートフォン・プラットフォームに乗るべきか?」などと考えるのだろう。
勿論、全てのモバイルプラットフォームに展開するのがベストだろうから、その意味では「どういう順番がいいのか?」になるのかも知れない。

こうした「どっちつかず」という企業は日本でも割と多いのではないだろうか?Appleは対象となる利用者規模が多い、一方でApple社のコントロールの下でビジネスするというリスクを抱える、などといった杞憂である。

率直に言って、短期的成果を求める意味でも、経験を積む意味でも、Apple側(iPhone/iPad)展開を先行し、そこで効果を見極め、ユーザの声を成長の糧としていく、という事から始めるのがいいと思う。

これは私だけが言っている話ではなく、世の中一般として「まずは市場に出る」考え方からすれば正しい選択だと思う。一方で…

Finally, mobile innovator forums are already being dominated by Android. Where do you think you'll find more app makers to partner with? There are far fewer barriers to app developers collaborating on the Android platform compared to the walled-garden of Apple.
【意訳】モバイルイノベーターフォーラムはAndroidに大半を占められている。アプリ市場展開のパートナー探しにおいては、壁に囲われたAppleよりもアプリ開発で共同出来そうな開発者がAndroidには沢山いるだろう。
Which Mobile App Platform Should a Startup Focus on?

自社でアプリ企画〜開発から配布・販売まで手がける事が出来るのは、特に企画・開発部分はあまり多くないかも知れない。その意味で、先のReadWriteWebの記事の指摘は正しい。

アプリの配布や販売はAplle(iTunes)やGoogle(Android Market)がやってくれる、という一見参入障壁が低そうだが、実は一番の難点はそこなのである。

だが、さらに言うとApple側をお勧めする、もう1つの理由がある。それは日本の風土的な面だ……

日本のビジネスシーンでは、チャレンジするのもなかなか大変である。ましてや、成功しなかった場合には、失敗と見なされて、再チャレンジがしにくい。

何が言いたいかと言うと、参入障壁が最も低いだろうという算段でAndroid展開しても、成果などが出るのは単発では無理で、もう少し市場拡大の時間がかかると思われる。

つまり、企業内で大風呂敷を広げないとスタートしないスマートフォンアプリ市場参入だとすると、Android展開して、成果という形になるまで時間がかかるとすると、次の展開が難しくなるのではないか?という部分を危惧している。

Appleの庭で商売するのを嫌がる経営層も多いだろうが、そこそこの成果が出ないと先がないとすると、まずはAppleで展開しょうというのが、極めて日本人的選択だろう。



ブックマークに追加する



 iTunes Store(Japan)

« AppleのiADの背景 − 米国携帯市場は2011年末には半数がスマートフォン化 | トップページ | モバイルアプリ市場は最初からグローバル市場と考えないといけないが »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/48091205

この記事へのトラックバック一覧です: どっちのモバイルプラットフォームに乗るべきか悩む企画者:

« AppleのiADの背景 − 米国携帯市場は2011年末には半数がスマートフォン化 | トップページ | モバイルアプリ市場は最初からグローバル市場と考えないといけないが »