« デジタルに恋して - 心理マーケティングの実験がもうすぐそこに‥ | トップページ | どこでもディズニーワールド - ファンを巻き込むロケーションサービス »

尖閣諸島ビデオ問題と世論調査 - どちらも今に合ってないもの


政府と一体化して尖閣ビデオの“犯人探し”に奔走する、矜持なき日本の記者クラブメディアを嗤う
ノンフィクションなのではないか?と思うほど、何だか面白い展開になってしまった、尖閣諸島問題の記録ビデオ公開問題。

情報が漏れるというのも管理の甘さが追求されてしかるべきだが、その公開方法が「今風」だ。百聞は一見にしかず、とはよく言ったもので、海上保安庁の対応や中国漁船の反応などが「言い訳」なしで分かる。 これが公開されてしまって、中国政府もグゥの音も出ないのもよく分かる。

我慢とか譲歩をしていては、戦略的互恵関係維持のためには逆に良くない事も、今回の件から明白になったのではないだろうか?

さて、このブログは政治的なネタはあまり展開しない主義なので、このネタはここまでにして、むしろ海上保安庁職員の犯人報道が滑稽である、という話が面白かったので、そのネタに切り替えたい。

問題のビデオ映像がYouTubeにアップロードされた直後から、マスメディアのアップロードした「犯人探し」が始まった。NHKさえも「罪に問えるか?」とか、インターネットに対する時代遅れの認識とでも言うべき、「誰でも節度なく情報公開してしまう」といった解説をしていた。(11/10夜 ニュース9の解説より)

つまり、世の中の情報はメディアが伝えるのだからけしからん、とか、国民の知りたい事はYouTubeにアップロードした「犯人」である、とでも言いたげなのである。これでは中国の事は笑えない。

恐らく次に出てくるのが「緊急世論調査」であろう。内閣支持率などでよくテレビなどのマスメディアで報道されるアレである。何となく調査方式を紹介していたり
と、最もらしい感じで見てしまっていたが、何となく今に合っていないのである。


 そして、社会的な要因も世論調査自体を難しくしている。対面といっても防犯上の観点からそれは昼間に限られるだろう。そうなると回答者の年齢層や性別も限られてくるし、そもそも居留守を使う人も多くなっているという。

 その問題点を克服する上で行われている電話調査にも限界がやってきたようだ。いまや日本人の携帯電話使用率は、固定電話のそれをはるかに超えた。中には、携帯電話しかもたない若年層も増えている。そうした層の意思を反映させずに「世論」といえるのだろうか。

問題点だらけの「世論調査」という怪物が独り歩きする危険

番号はランダムに発生させるが、相手は「固定電話」なのである。選挙権は持っているが、固定電話は持っていない(持っていても使わない)人は大勢いるという実態を考えると、世論操作ではないか?と思うほど、調査対象が偏っている。

つまり、マスメディア(これを一般化していいかも分からないが)の伝える内容は、よ~く考えないと危険だという事だ。インターネットなら安心というつもりもないが、ナゼかメディア間の批判によるメディア間牽制も少ない現状では、ちょっとでも「本当かな?」と思う事が大事なのかも知れない。

アメリカを見ていると、ジャーナリズム先進国である事もあり、既存のマスメディア、特に新聞に代替されるネットメディアが、独自の取材で展開している。記者は新聞でもネットメディアでも情報提供すれば報酬を貰えるので、メディア依存していないという原因もある。

日本はモデルが異なり、記者は社員であるから、すぐにアメリカの様になるわけでなないだろう。だが、そうしているうちに、新聞やラジオといったメディアのパワーが相対的に落ちていき、テレビとネットの一騎打ちという図式も、数年レンジでは想定出来る。

既存マスメディアとアンチメディアとしてのインターネット、なんてステレオタイプな世の中になって欲しくない。だが、これまでの補助線を延長すると、それも本当っぽく見えてしまう。それはそれで危険だと思うが、ちょっとでも「本当かな?」と思う事の情報源が広がる事はいい事かも知れない。







 iTunes Store(Japan)

« デジタルに恋して - 心理マーケティングの実験がもうすぐそこに‥ | トップページ | どこでもディズニーワールド - ファンを巻き込むロケーションサービス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/49996194

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣諸島ビデオ問題と世論調査 - どちらも今に合ってないもの:

» 尖閣諸島沖衝突事件ビデオは漏洩でなく内部告発 うつ病になったサラリーマン★トマトの自分探しの旅★ [うつ病になったサラリーマン★トマトの自分探しの旅★]
初めて訪問して下さった方。ありがとうございます。 中々面白かった。うつ病に負けるな。と言う感情がちょっとでも沸きましたら 是非、下のランキングバナー、ポチ、ポチ、ポチっとお願いします。  こっちもよろしくね〜〜〜 ⇒ ニコニコ笑う、トマトの笑顔なブログ  ...... [続きを読む]

« デジタルに恋して - 心理マーケティングの実験がもうすぐそこに‥ | トップページ | どこでもディズニーワールド - ファンを巻き込むロケーションサービス »