« どこでもディズニーワールド - ファンを巻き込むロケーションサービス | トップページ | 見解の違い - 「群盲象を評す」なのだから‥ »

メディアの「ストーリー」 - マイメディアの重要性



これから読もうと思っていて、まだ読んでいない本を紹介してしまうのは、少々心外なんですが、書評が気になってブログに書いてしまいます。

以前の記事「パーソナルメディアと社会」という様にこれまでに何度も書いているぐらい、どんな小さなものでもパーソナルメディアは非常に大切だと思っている。

たまたま業務がスポッと空きが出来たので、11/22の月曜日を休んで4連休にした。特に旅行などの目的があるわけではないが、ちょっとノンビリしてみたいだけだた。テレビを見ていると、野球選手の離婚騒動や有名女優の妊娠報道ばかりで、複数局が同じ事を言っていた。

だが、時々「ほんとうかなぁ?」と思うような発言もあり、万が一にもこうした状況におかれた場合、自分のメディアを持たないのは決定的に弱いと思ってしまった。





さらに、この記事に書こうと思ったきっかけとなった記事を以下に部分的ではあるが引用したい。


 報道が加熱していた頃、安部氏にとっては有利となる情報を掴んでも、記者たちは報道しようとはしなかった。バッシングの嵐の中で、安部氏に味方するようなことは得策ではないという判断が作用していた。

 安部氏へのテレビのインタビューにしても、挑発しながら「ストーリー」にそった発言を誘い出し、一部分を繰り返し放映することで、イメージを増幅させていった。すでにテレビで何度も同じ映像を見せられることにならされているが、この繰り返しによって知らず知らずのうちに我々の深層心理は操作されている。

 結局、安部氏は無罪となったものの、ワタシをはじめ世間の彼に対するイメージが書き換えられることはなかったように思う。勝手にストーリーを作ってしまうということでは、メディアの罪は重たいし、無罪となった後も世間の関心が冷えてしまったのをいいことに知らんぷりといった態度は、マエダさん以上に怖い気がするのだが。

この弁護団を見よ!『冤罪法廷』~検察のストーリーが崩れた瞬間

この分の中で一番怖かったのは、例え無罪になっても「世間の彼に対するイメージが書き換えられることはなかった」という部分にある。

つまり、「メディアの語っている事は真実である」「偏りのない報道をしている(はずである)」は、こうした事実を振り返っても、単なる幻想である事が明らかになっている。「ウケる報道」であって「事実の報道」ではない、という前提に立って見るべきである、という事を痛感した。

マスメディアによる深層心理操作に対抗することは無理かも知れないが、「ほんとうだろうか?」という疑問を持つ数少ない(かも知れない)人に対して、マイメディアは必須のメディアだ。

日本に限らず世界中で同じ傾向はあるのかも知れないが、これからソーシャルメディアが台頭してくる時代を見越して、ソーシャルメディアの中に「こそ」自分のポジションなり窓口を持っておくべきだろう。








 iTunes Store(Japan)

« どこでもディズニーワールド - ファンを巻き込むロケーションサービス | トップページ | 見解の違い - 「群盲象を評す」なのだから‥ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/50118063

この記事へのトラックバック一覧です: メディアの「ストーリー」 - マイメディアの重要性:

« どこでもディズニーワールド - ファンを巻き込むロケーションサービス | トップページ | 見解の違い - 「群盲象を評す」なのだから‥ »