« 見解の違い - 「群盲象を評す」なのだから‥ | トップページ | 出ると思った - 人間スキャン防止下着 »

イノベーションの逆ジレンマ - 電子書籍の先進事例に学ぶ


Amazonは今すぐKindleにページ番号を導入すべきだ
最近、英語の勉強という意味が大きいのだが、英語の原書をAmazonのKindleで読んでいる。

正確に書くと、「Kindleで読んでいる」は「iPhoneのKindleアプリで読んでいる」が正しい表現。米国のAmazonから購入したいと思っているのだが、日本国内での発売も近いというウワサもされている様なので、ちょっと待ち状態というのが本音である。

老眼の身としては、フォントサイズが変えられたり、場合によっては縦横を変えて読めたりと、非常に便利である。さらにAmazon.comで購入すると、Wispersyncと呼ばれる方法で、自動的に端末にダウンロードされる仕組みも斬新だ。

iPhoneで読んでいるのは、通勤車内では非常に便利で、本を読むよりはるかにコンパクトである。さらに何冊読もうと、机の上が本だらけになる事もないし、特に技術書なら、本に掲載されている内容を検索さえ出来る。

そういう意味では、電子書籍は最も使い勝手の良い「本」である。

さらに言うと、例えば読んでいる/読んだ本に関するコミュニティがあるとして、本にコメントを書くと、そのコミュニティと連携したとしよう。その場合、やはりどこにコメントを書いたのか?という意味では「ページ番号」が当然ながら重要だ。

少々前の記事だが、そこを指摘した記事があった。


しかしKindleにページ番号が振られてないというのはどうしても理解できない。なぜAmazonはページ番号のようなもっとも基本的な要素を無くしてしまうという暴挙に出たのか? ページ番号がないとどういうふうに不都合なのか説明しよう。ページ番号がないと出典の注がつけられない。これは特にアカデミズム市場では問題だ。

多くの読者は「なんだって? こいつはバカじゃないのか? Kindleにページ番号がないなんてはずはない」と思ったのではないだろうか。本の要素といえば、表紙、目次、本文、索引、ページ番号と決まっている。そのひとつを廃止できるはずがない…。しかし私は何ヶ月もKindle 2でページ番号を表示させる方法を人に聞いて回った。しかし誰も知らなかった。 この記事によると、大学向けのKindleにもページ番号はないようだ。

Amazonは今すぐKindleにページ番号を導入すべきだ

なぜページ番号がないのかという理由は、上記の引用記事の下に書いてあるのだが、システム的には非常に正しい意味でページ番号が表示出来ない。

しかし、数千年(本当か?)の本の歴史上、ページ番号が存在しない時代に突入したとしたら、我々は内容について話す時に、どうしたらいいのだろうか?これから新しい文化を作らないといけないのだろうか?それとも‥‥‥

数千年(本当か?)の本の歴史から照らし合わせて、電子書籍は「本」ではないのではないだろうか?

イノベーションはいきなり新しい形では現れず、「昔の形」をして現れるのだが、引き継げない「昔の形」もあるだろう。これから起きてくる事はきっと「昔の形」を全部は引き継いでいないものが続々と表れて、また新しい消費スタイルが生まれていくのだろうと思う。







 iTunes Store(Japan)

« 見解の違い - 「群盲象を評す」なのだから‥ | トップページ | 出ると思った - 人間スキャン防止下着 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/50308224

この記事へのトラックバック一覧です: イノベーションの逆ジレンマ - 電子書籍の先進事例に学ぶ:

« 見解の違い - 「群盲象を評す」なのだから‥ | トップページ | 出ると思った - 人間スキャン防止下着 »