« ハリケーンがTwitterアカウントを持ち、位置情報アプリが避難所を教えてくれる時代 | トップページ | 透明性の時代の世論操作 »

人が想像できることは、必ず人が実現できる


最近、サムソンとアップルの両社の特許紛争において、「類似製品は既にあった。"2001年宇宙の旅"に出ているじゃないか?!」と、かの有名なSF映画の1シーンを題材として提出した、という話が出ています。

海底二万里 (創元SF文庫)という名著で有名なジュール・ヴェルヌ(Jules Verne)が言ったとされる、冒頭の言葉「人が想像できることは、必ず人が実現できる」は、先端テクノロジに接する我々としては非常に大切な言葉だと思っています。

サムソンの事例を出すまでもなく、実は私もiPadは"2001年宇宙の旅"に遅れること9年だ!と2010年の2月のiPadの発表時に書きました。

先のニュースが出た後に、検索経由で多少のアクセスを頂きましたが、別にサムソンにネタ提供したわけでも何でもありません。本当のイノベーションは「ナレッジパット」であると書きました。

他にSFが先んじて実装した例として、私の子供時代のウルトラセブンに登場するビデオシーバーなんて、夢のようなコミュニケーションツールでした。「かならず人が実現できる」の証左として、「ビデオシーバー - まだ来ぬ21世紀」というエントリを書きました。

そうなんです。私の子供時代の21世紀はまだ来ていないのです‥‥

そんな中、以下のような記事が出ていました。



(C)Bloomberg

この記事は、インテルがSF作家を採用しているというニュース。解説によると、半導体設計の利用シーンとして(例えば)「映画 イーグルアイ」をイメージしたり、といった近未来の具体的利用シーンとしてSF作家の作品を採用していくという話である。

冒頭の言葉通り、まさに「人が想像できることは、必ず人が実現できる」を地で行く話となっている。

我々も技術・製品開発をしていく上で、そうした想像力と技術力(技術洞察力)が必要だと思っています。

また、SF作品をもっと読んだり、見たりしないといけない、とも思いました。

次に実現されるSF作品の1シーンって何だろう。やっぱりビデオシーバーか?ひょっとして、AppleのFacetimeがビデオシーバーなんだけど、気がついていないのかな。

昔に感動して憧れたSF作品に出てくる様々なものが、そっと現れていて、SF作品自体が忘れられてしまったら‥‥と考えると、ちょっと寂しいですね。

ちゃんと思いだしてあげないといけない、と思いました。








 iTunes Store(Japan)

« ハリケーンがTwitterアカウントを持ち、位置情報アプリが避難所を教えてくれる時代 | トップページ | 透明性の時代の世論操作 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/52605552

この記事へのトラックバック一覧です: 人が想像できることは、必ず人が実現できる:

« ハリケーンがTwitterアカウントを持ち、位置情報アプリが避難所を教えてくれる時代 | トップページ | 透明性の時代の世論操作 »