« 何かいいことを大きな声で! | トップページ | ハリケーンがTwitterアカウントを持ち、位置情報アプリが避難所を教えてくれる時代 »

本物の現場主義とは? - イノベーションの源泉


(C)TheAsahi Shinbun Company.

なんだかんだ言って、ここ数日ブログを更新している。

技術トレンドとか、技術をキーとしたイノベーションというテーマからは少し離れるが、停滞している雰囲気を払拭する何か「新しい」気づきをメモ代わりに記している。

実は、ほぼ日刊イトイ新聞は非常に歴史が長いのは知っているが、あまり読んではいない。恐らく読者対象の設定外だと思う。

そんな中で、たまたま目にした記事。いわゆる組織論に近いと思うが、真理をスパッっと言われた壮快な感じがした。


木川:そうですね。うちの社訓に、「ヤマトは我なり」ということばがあります。「ひとりひとりが会社の代表である」という意識を持ちなさい、という意味です。
<中略>
木川:現場判断で会社の車を使い、上司の承認も得ず、勝手にことを運ぶ。しかも無償で。これはね、ふつうの会社なら、権限違反なんです。
糸井:そうですよね(笑)。でも、「ヤマトは我なり」であれば‥‥
木川:自己判断でやってしまっていい。やっていいどころか、どんどん自発的に考えてやりなさい、と。とにかく現場主義なんです。
糸井:現場主義。
<中略>
木川:先日も外国からのお客様をご案内したら、「これは別館ですね、本社はどこですか?」と言われてしまいました。
糸井:ちいさいと思われた。
木川:現場に権限を渡しているので、本社はスリムでいいんです。
第2回 ヤマトは我なり。

どうだろうか?「ひとりひとりが会社の代表である」という意識を持て「うちは現場主義です」「現場主義でやれ」、こうした言葉って、私の会社に限らず、何度聞いた事だろうか?と思う人も多いはず。

そう、つまり本物の現場主義とは、こういう社員の行動が「発露」するレベルにある事を指す。そしてそれに対する経営層も「現場を信用」する。それに尽きるわけです。「ひとりひとりが会社の代表であるという意識を持て」という言葉に信用が伴ってないから、浸透しないし伝わりもしない‥そう痛感しました。

このブログはイノベーションをテーマにしているのですが、もう1つイノベーションに繋がる重要な話がその次に書いてありました‥‥

イノベーションに繋がる重要な話は、この一節の前後に記されていました。


木川:「思いきりやって、それで間違えたって構わない。大丈夫。どんどんやりなさい。きみの失敗くらいで、そのくらいで、経営は揺らがないから」と。

第3回 道を知っているからです。

何となく整理すると‥‥
本物の現場主義 = 現場で見聞きした事をベースにした判断を信用する経営
本物の現場主義 = ひとりひとりが会社の代表である、という意識を持つ従業員
本物の現場主義 = 現場が実施する勇気をもつ







 iTunes Store(Japan)

« 何かいいことを大きな声で! | トップページ | ハリケーンがTwitterアカウントを持ち、位置情報アプリが避難所を教えてくれる時代 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/52564878

この記事へのトラックバック一覧です: 本物の現場主義とは? - イノベーションの源泉:

« 何かいいことを大きな声で! | トップページ | ハリケーンがTwitterアカウントを持ち、位置情報アプリが避難所を教えてくれる時代 »