« 「ソーシャルの次」議論 - ウェブがよりリアルに近づいていく | トップページ | イノベーション企業が自らのイノベーションを終わらせる »

「好きこそものの上手なれ」




最近、仕事がやたらと忙しいのと、休みはテニスばっかりで忙しいので、ブログは全く更新しなくなりました。
もう更新しなくて半年が経とうとしているので、気まぐれに1エントリ書いておきます。

表題のYouTubeビデオですが、私のお気に入りの1本です。
テニスを気まぐれで始めたのが1年半前、つまりそれまでは全く興味がなかったので、レジェンド=伝説的なプレーヤーはあまり知りません。それでもジョンマッケンローはとても有名なのは知っています。

現役、というよりもうこの人の時代が来たのではないか?と思っているのは、ジョンマッケンローの真似をしている、ノバクジョコビッチ選手。まぁ、サプライズなのか演出なのかは分かりませんが、こんなに素晴らしいショーが見られるのは、開催地ならではのこと。
日本もいつかこうした演出が出来るぐらいに、世間でテニスが盛り上がってくるといいな、と思います。

それはさておき‥‥

40代後半の後半でテニス始めるなんて気が違っていると思うでしょうが、正直言って、体は確かにそう言っています。膝や肘、腰や肩、かなりあちこちが痛いです。その痛さと反比例して上手になっていけばいいのですが、そんな甘い世界ではないです。
でも、この歳になって、すこしでも上達して行くって事は嬉しい事です。


それよりも今更ながら気付いた事を1つ(やっと本題に入る


テニスを始めて、発見(アハ体験)の多いこと、多いこと。YouTubeを見て研究したり、コーチの言う事と雑誌記事の書いてある事から気付きを得て、自分でさらに研究したり‥‥

「好きこそものの上手なれ」‥‥私の好きな言葉の1つなのですが、仕事でも何でも好きで夢中になると、誰から言われるわけでもなく、寝食を忘れて研究します。試してみます。お金も払います。

つまり、自己動機(モチベーション)って何をやるにしても最大の武器なのですね。仕事ではマネージメント面を求められているものの、いかにモチベーションを持たせるかが、成果を出すためには最重要課題だという事が体感して分かるわけです。


もう1つスポーツのメリットとして、テニス仲間が出来て、仕事の話は全くしない仲のいい、年齢的にもあまり差がないグループに入れました。

技術レベルでは足を引っ張っているのですが、車(移動用)を出したり、下っ端仕事をして、何とか付き合ってもらえています。それもこの歳になって面白い事の1つです。








 iTunes Store(Japan)

« 「ソーシャルの次」議論 - ウェブがよりリアルに近づいていく | トップページ | イノベーション企業が自らのイノベーションを終わらせる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/52337436

この記事へのトラックバック一覧です: 「好きこそものの上手なれ」:

« 「ソーシャルの次」議論 - ウェブがよりリアルに近づいていく | トップページ | イノベーション企業が自らのイノベーションを終わらせる »