« 本物の現場主義とは? - イノベーションの源泉 | トップページ | 人が想像できることは、必ず人が実現できる »

ハリケーンがTwitterアカウントを持ち、位置情報アプリが避難所を教えてくれる時代


(C)2005-2011 Mashable, Inc.

米国東部を襲っているハリケーン「Irene」がTwitterアカウント「@Irene」を持っているらしい。

実際のTweet(つぶやき)の内容は、位置情報や勢力といったものよりも、ちょっと人間っぽくしているみたいだ。

まぁ、何にしても気になる情報なので、それが集約される形で発信されるのはいいことだ。

「今は八丈島沖50キロにいるよ、八丈島にはあと10時間ぐらいかかるかも」とかツイートすると面白いだろうなぁ。そうすると台風10号「ちゃん」とか呼ばれて‥ちょっと不謹慎かもしれませんね。失礼しました。




(C)2005-2011 Mashable, Inc.

もう1つ面白いと思ったのは、このハリケーンによって必要な情報であろう、避難所の情報を、位置情報アプリ「Foursquare」がサポートするという点だ。

避難所にチェックインしてメイヤーバッチをもらうというのは、さほど嬉しい事ではないだろうが、外出先で避難しないといけない場合には、こうした情報は非常に役に立つだろう。

自宅やホテルなどの滞在場所の近くで災害発生した場合は、まだ運がいい方で、先日の大震災の様に外出先でどこにも逃げられない/逃げ場が分からない人が大半の場合には、こうした情報は非常に役に立ちそう。


今回のネタは、こうした普段使っているツール、汎用的なツールをいかに使って、いざという時に役立てるという、そこがとてもうまい使い方だという事だけなんです。

アイデアは複数のアイデアの組み合わせ、という事もあるので、台風Twitterと避難情報Foursquareと○○の応用で、もっと役に立つツールが出来るかも知れません。







 iTunes Store(Japan)

« 本物の現場主義とは? - イノベーションの源泉 | トップページ | 人が想像できることは、必ず人が実現できる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/52597903

この記事へのトラックバック一覧です: ハリケーンがTwitterアカウントを持ち、位置情報アプリが避難所を教えてくれる時代:

« 本物の現場主義とは? - イノベーションの源泉 | トップページ | 人が想像できることは、必ず人が実現できる »