« 透明性の時代の世論操作 | トップページ | また、少しづつ書いていこうと思います »

検索しない時代


考えてみればGoogle(そのちょっと前はYahoo!)は90年代後半から、インターネット上の情報を探す「検索」という重要な領域で世界を制した。

しかし、ユーザが使うメディアが、スマートフォンやiPadに代表されるタブレットに、少しづつ変わりつつある。そうしたメディアでは、機能としては立派なコンピュータなのだが、利用シーンが全く異なる。

そうした中で、iPhone 4Sの発表にあった「Siri」という高度な情報認識処理が現れ、検索ではなく、ずばり必要な情報を提供する事が重要となった。

たまたまTechCrunchというメディアサイトの記事には、レストラン検索における新しい情報提供の形、つまり「ずばり必要な情報を提供する」サービスの記事が載っていた。


これは何を意味しているのか。Alfredをライバル(例えばYelp)と差別化している一つの重要な特徴に、ユーザーの入力を殆ど必要としないことに焦点を絞っていることが上げられる。アプリに自分の好みを伝える初期トレーニングセンションが終わると、Alfredはコーヒー、ランチ、お酒等何であれ、ユーザーがアプリを開いた時に探していると信じるベストの店を推薦する
iOS執事のAlfred、レストランのおすすめは偶然から

つまり、もう「検索しない時代」=探さない時代が来ているという事だ。

自分のある一面について、好みや嗜好といったものを、膨大なデータから計算して、もっとも「ずばり必要な情報」に近いものを「おすすめ(リコメンド)」として提供する。

情報データベースに掲載される側の、サービス提供者にしても、自分の店やサービスの特徴を差別化要因として表現しないといけないし、何より来客者の評判が悪くなったら最悪な結果となる。

そういう意味では、検索した結果に載っているのが重要だった時代は良かった。なぜなら、先の最悪の結果とは、「おすすめ」に載らない、つまり自分の店やサービスが「存在しなくなる」事に等しくなる、からだ。

私も仕事の関係から、学術研究機関との付き合いもあるのだが、やはりこの「おすすめ(リコメンド)」を生成していくのは、かなり難しい様だ。日本語だから難しいという事は実はなく、むしろ「日本語を使う人が少ないから」難しい、というのが実態らしい。

つまり、米国の様にそもそもの人口が大きい国と、その周辺の英語圏では母数となる人口がかなり大きい。そのデータ量が多く、それだけ精度の高い計算が出来るという図式だ。

つまり、日本に「検索しない時代」が来るのは、まだまだ先になるだろう、というのが今の状態かも知れない。







 iTunes Store(Japan)

« 透明性の時代の世論操作 | トップページ | また、少しづつ書いていこうと思います »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38989/52972376

この記事へのトラックバック一覧です: 検索しない時代:

« 透明性の時代の世論操作 | トップページ | また、少しづつ書いていこうと思います »