コンテンツ制作者が強いと、世の中もっと面白くなる


TechCrunchを読んでいて、ちょっと面白い記事があった。
ネタ元: AOLの不運なTVSquadのブロガーたち居残って競合サイトをロンチ

Piccliqueclack_2
話の筋としては、以下の状況らしい。
Yahoo!/MSN/AOLといった、かつてのトップポータルでも、今は厳しい状況なのだが、その中のAOLが自社のポータルサイト「AOL Television」で、ブログ記事を集めた「TV Squad Bliog」というコーナーがある。(AOL Televisonの左サイドバーの下の方にリンクがある)
厳しい状況を反映してか、そのブログコーナーのブロガー達は色々と不満を持っているらしいのだが、その不満が高じて、自分達でサイト「cliqueclack」を立ち上げたという事である。

さらに追記すべきは、この新しいサイトは、以前のサイトとはデザインは異なるものの、趣旨としては同じに見える。つまり、完全に競合サイトを立ち上げたという事である。
左の画像は、その競合サイト側の「cliqueclack」のキャプチャである。

ここから言えることは、ブロガー=コンテンツ制作者は、自由であり強者でもある。ポータルサイトがそれらのブロガーの記事を取り扱わないと決めれば、ブロガーは収入を失うものの、競合であれ独立して頑張る、という図式である。

よく言われる事で、私自身は本当かどうか確認していないのだが、同様のモデルが他にも存在する。(例示としては、必ずしもコンテンツ制作者だけではないのはご容赦を)

・記者は基本的に新聞社(もしくは他メディア)所属なので、取材をした内容は所属先に帰属する。
 自分で取材して記事を買ってもらうスタイルとはかなり異なる
・テレビ番組制作では、制作会社が企画・制作するが、TV局系列があり、安く買い取られる
 企画および制作内容から放映(メディア)が個別に買い取り

私もサラリーマンだから、日本での下請けモデルは「安定している」事が(ある程度)保証されている事が明快だから、とても住み心地がいいのはとてもよくわかる。だが、その地盤となっている新聞にしてもテレビにしても、(危機的とは言わないが)地盤沈下が懸念されている。

つまり「茹でガエル」状況なのではないか?という疑問提示である。

続きを読む "コンテンツ制作者が強いと、世の中もっと面白くなる" »

クチコミ効果を計測する5つのシンプルな方法


インターネットでは、様々な新しいマーケティング手法が編み出されているが、一方で数値化しやすいせいもあって流行やブームが発生する一方で、廃れてしまう方法も出てくる。クチコミマーケティングと言うと、人間の心理的に高度な手法という気もする。

クチコミを発生させる手法は色々と論じられたり、一部に実施されているものと思う。ブロガーにサンプル品を配布したり、イベントに招待したりといった、顧客(の一部)を巻き込んだマーケティング手法が一番発想しやすいだろう。

クチコミマーケティングの効果測定」というエントリでも、その効果測定を書いたのだが、意外とシンプルな方法で、自社のブランドや商品に対するクチコミによって発生したトラフィックを計測可能だ、というエントリを見つけたので意訳で恐縮だが掲載してみた。

【情報源】5 Simple Ways to Start Tracking Word of Mouth Traffic

1. リファラーなしのダイレクトトラフィックをチェック
訪問者がどこでURLを手に入れたのか?ブラウザにダイレクトに入力したはずなので、あなたのブランドをより高めることで、このURLダイレクト訪問ユーザは増えていくだろう。
確かにURLダイレクトもしくはブックマーク経由だから、1つの指標としては大事

2. ブランド化されたキーワードによるトラフィックをチェック
訪問者はあなたのURLを知らない状況で、キーワードをたよりにやってきた人達。サーチエンジンのトップに位置づけられるだろう。あなたのブランドに関するクチコミ交流(カンバセーション)が、サーチエンジンからさらに訪問者を呼んでくるだろう。
ここから重要度がかなり高くなってくる。商品やブランドのキーワードでサーチエンジン経由で来ている量がまさに効果となる。このキーワードが頻出する様に交流を生むことで、さらに検索からのトラフィックが期待できる

3. ブログをチェックする
ブログ検索で特定の日付の(特定の単語を検索することで、その関連する)ポスト数を知ることが出来る。Google Alertはそれを予告的に受け取る事が出来る
日付指定でブログに書かれた日とその数をチェックする事で、クチコミマーケティングの効果測定そのものとなる。実際にやるとかなり面倒なので、専門の機能を使う事が多いだろうけど…

4. ブログと他の交流をチェック
有料ツール(Ex. Trackur)により、多くの企業はいかに決定的なクチコミがそのブランドについて語られているか。Trackurはとても有名になりました。あなたはログインするだけで、あなたのブランドの先進的なユーザがあなたのブランドについて語っているか見ることが出来ます。
上記3のステップを多少含むが、クチコミのHUBとなる人がどんなブログを書いているか?といった分析がその後のアクションのキモになるかも知れません

ここまでの方法に加えて最後の5つ目は、最も大事な測定方法だと思う。

続きを読む "クチコミ効果を計測する5つのシンプルな方法" »

ネットにおける「お客様の声を聴く」とは

Sn330184

ビジネスでは必ずお客様がいるので、そのお客様の声を聴き、改善すべき点があれば、それを素早く実施するのは、お客様商売の基本だろう。勝手な想像だが、それが出来ていないところは、競合に呑まれるか、段々とお客様が離れる。(それにも該当しないのは、独占企業だけだろう)

さて、そうした場合お客様の声とは、何を聴いたらいいのだろうか?メールを送って貰うとか、電話を貰うといった、お客様起点の声は重要だが、そうしてもらえるところや、そうしたアクションをしてくれるお客様は少ないだろう。

少々前の記事だが、(ここでも何回か引用している)Read/Write/Web にとても面白い顧客モニタリングの方法が掲載されていた。

There has been a lot of talk lately of companies monitoring social media, be it Twitter, blogs, or social networking sites, for mentions of their company name and responding to customer service issues.
【意訳】最近特に言われている事だが、企業がソーシャルメディアをモニタリングしている。Twitterやブログといったソーシャルネットワーキングサイトを、注意深く企業がカスタマーサービスの問題について回答したりする。
How to Get Customer Service via Twitter

わざわざ知らせてくれるお客様よりも、より沢山の声を得るためにソーシャルメディアを使っているという記事で、特にTwitterのモニタリングしているケースが書かれている。

ケーブルテレビのComcastは、記事を読んだ限りでは、カスタマーサポートが相当悪いようだ。だが、この記事ではTwitterにそれを書いたら、即座に対応してもらえたと書いてある。

このケースから見え隠れする事を改めて問い直してみると…

続きを読む "ネットにおける「お客様の声を聴く」とは" »

人間の心理

色々なメルマガやサイトを見る機会をなるべく多くしようと思い、仕事でも合計1時間ぐらいはそういったことをするようにしています。まぁ、仕事柄という事が言えるのですが、例えば経理事務の人がこういった事をすると、間違いなく怒られるでしょうね。

中には経営戦略の話や世の中にこんなくだらないものが‥といった事まで様々です。そんな中で思わず書いてみたくなる記事があったので、メモする意味で記しておきます。

「ついに日本のトイレにも・・・あれが! 」とあるので何気なく読んでいました。ちょっと考えてみて...「なるほど!」と。

イトーヨーカ堂のトイレ(男性)にいくと、便器になにやら緑色のものがくっついている。左斜め下あたり。おしっこで流したくなるので、それを狙う。実はこれ、緑色の4つばのクローバーが小さく描いてあるもの。へぇーと思って他の便器もみてみると・・・なんと全部書いてある。 うひぇー、ついに日本上陸。アムステルダムのトイレにあったハエの絵が日本にもあったのです。
そうなんです。人間というか男性心理として知らずにそうした「汚点」に対してついついアクションを起こしたくなるわけです。