[コラム Column]毎日やるってすごい難しいんだけど…


ライフネット生命の社長さん、岩瀬さんとおっしゃる非常に聡明な方がいらっしゃる。

彼のブログ記事入社2日目の明日から試して欲しいことがひどく言われていて、何だか理由が全然分からない。


さて、今年も新入社員の皆さんにメッセージを送りたい。

去年のブログではかなり長い、説教めいた文章を書いたので、今年はシンプルなメッセージにしよう。

入社2日目の明日からできる、簡単なこと。



毎朝、定時より30分前にきっちりした身なりで出社し、新聞を読んでなさい


簡単なことだが、もしこれを1年間、1日も欠かさず続けることができれば、1年後には皆さんの社内における信頼は確実に高まっていることだろう。

<中略>

そして、「きっちりしているか否か」は、まずは時間を正確に守ることができるか、そしていつも清潔でな身なりでいるか(外のお客様に自信をもって出せるか)、 さらには「新聞を毎朝読む」という皆がやらなければと思っていることを着実にこなすことができるか、というところで評価を受けるだろう。

入社2日目の明日から試して欲しいこと

あくまで私の主観だが、何だか変なコメントがこの記事に付いた。朝早くから定時前に出社させてブラック企業か?!みたいな労務面の勘違いから、はたまた変な業務命令出しやがって!みたいな余計なお世話系まで。

一部ははてブで見ることが出来る。

私は元の岩瀬さんの言っている話には全面賛成。「新聞を読む」とか「30分早く来る」でなくてもいい、自分が良いと思った事を毎日やってみろと言いたい。しかも、誰も見ていない状況でも続けてみろって。

「ちゃんとしていれば信頼を得られる」と、元記事にも書いてある。私が何より評価出来る事は「自分で自分をコントロールしている」証明と自信になる。

それがいかに難しいか。三日坊主を克服する本は数え切れないくらいあるはず。批判してもいいが、やってから言えって話だ。

この話自体は、かのドラッカー氏も著書で述べている。ドラッカー氏を変えた7つの教訓の2番目。

続きを読む "[コラム Column]毎日やるってすごい難しいんだけど…" »

また、少しづつ書いていこうと思います


特に何か大きな変化があったわけではないですが、さすがに3年ほどブログを放置していて、どうしたものかなぁ。っと。

それまではFacebookにあれこれ写真付けて2〜3行書いて、何となく知り合いや友人から「いいね」もらって… まぁそれで良かったんですが……

ブログはブログで書くことあるなぁと再認識したわけです。

これだけ放置しておくと、誰も読者なんかいないわけで、アドセンスなんか貼ってもまるで意味がないのです。

それでも、ブログ黎明期にインターネットが起こした大変革である(と今でも思ってる)ブログに深〜く関われたのだから、TwitterやFacebookといったものとは違う、自分の書斎みたいな位置づけで、また続けてみようかと思った次第です。

カテゴリもいくつか増やしたり減らしたりしますが、インターネットが世の中に起こす様々な変化であったり、他サイトの話題に自分なりの思いとか、自分の書斎なんで割りと勝手に書こうと思います。

続きを読む "また、少しづつ書いていこうと思います" »

透明性の時代の世論操作


ちょっと過激なタイトルだが、政治体制の異なるお隣の国では、情報操作から世論操作を行っている様子が報道されている。

恐らくは、当の国に住んでいる方々は、それが操作された情報とは知らないのであろう。それでも、日本においては情報操作はなく、それによる世論操作もないだろう‥などと思っているが、どうもそうではない様だ。




メールを配信された子会社は4社、少なくとも1500人が閲覧したが、企業の利益のために自らの意思に反する意見を強要されたことに対して、強い反発を感じた社員がいたのは当然のことだろう。情報源となったブロガーの知人は、この件について不快感を表明し、それに共感したブロガーが記事を投稿するにいたった。それを読んだ多くの生活者が二人の心情に共感、放送直前までに1万人以上に伝播していく。
<中略>
この事件を契機とした内部調査の結果、経産省・原子力安全保安院が、別のシンポジウムで中部電力、四国電力にも賛成の声を住民から出させるよう「やらせ」を依頼していたことが発覚。国と業界をあげての原発安全キャンペーンのゆがんだ実態が明らかになりはじめた。
テレビより前にソーシャルメディアが報じていた、九電やらせメール事件

いわゆる、こうした「やらせ」事件が発覚し、住民総意とは何か分からなくなってしまった。日本人は「みんな」という言葉に非常に弱い。そこを突いた巧妙な作戦という事になる。

世論調査でも同様の事が行われている、と思うのは自然だろう。


「A新聞の記者さんから、『代表選で誰に入れるかアンケートに答えてくれ』といわれたので『海江田さんにします』と伝えると、モーレツに“抗議”されましてね。『なんで海江田さんなんですか! あの悪いことをしている小沢が担いでいる人ですよ!』
新聞記者 民主議員に「小沢って悪いことしてるんでしょ!」

いかにも「稚拙」と言わざるを得ない。こうしたメディアの行動は、60年前の大戦争の前にも行われていたであろう、危険な事なのに、単なる経済活動だと勘違いしているという点で恐怖を感じる。

「60年前の大戦争の前」などと書いたが、それを思わせる記事(日弁連による会長声明)も出ている。


この事業においては、「常時モニタリング」すること、さらには、不正確とされる情報等に対して「速やかに正確な情報を提供し、又は正確な情報へ導くこと」とされている
原子力等に関する不正確な情報又は不適切な情報に対する常時モニタリングに関する会長声明

モニタリングする事は良い事だとは思うが、正確な情報へ導くとは何を言っているのだろうか?だんだんと恐ろしい事になりはしないか?

続きを読む "透明性の時代の世論操作" »

人が想像できることは、必ず人が実現できる


最近、サムソンとアップルの両社の特許紛争において、「類似製品は既にあった。"2001年宇宙の旅"に出ているじゃないか?!」と、かの有名なSF映画の1シーンを題材として提出した、という話が出ています。

海底二万里 (創元SF文庫)という名著で有名なジュール・ヴェルヌ(Jules Verne)が言ったとされる、冒頭の言葉「人が想像できることは、必ず人が実現できる」は、先端テクノロジに接する我々としては非常に大切な言葉だと思っています。

サムソンの事例を出すまでもなく、実は私もiPadは"2001年宇宙の旅"に遅れること9年だ!と2010年の2月のiPadの発表時に書きました。

先のニュースが出た後に、検索経由で多少のアクセスを頂きましたが、別にサムソンにネタ提供したわけでも何でもありません。本当のイノベーションは「ナレッジパット」であると書きました。

他にSFが先んじて実装した例として、私の子供時代のウルトラセブンに登場するビデオシーバーなんて、夢のようなコミュニケーションツールでした。「かならず人が実現できる」の証左として、「ビデオシーバー - まだ来ぬ21世紀」というエントリを書きました。

そうなんです。私の子供時代の21世紀はまだ来ていないのです‥‥

そんな中、以下のような記事が出ていました。



(C)Bloomberg

この記事は、インテルがSF作家を採用しているというニュース。解説によると、半導体設計の利用シーンとして(例えば)「映画 イーグルアイ」をイメージしたり、といった近未来の具体的利用シーンとしてSF作家の作品を採用していくという話である。

冒頭の言葉通り、まさに「人が想像できることは、必ず人が実現できる」を地で行く話となっている。

我々も技術・製品開発をしていく上で、そうした想像力と技術力(技術洞察力)が必要だと思っています。

また、SF作品をもっと読んだり、見たりしないといけない、とも思いました。

続きを読む "人が想像できることは、必ず人が実現できる" »

「好きこそものの上手なれ」




最近、仕事がやたらと忙しいのと、休みはテニスばっかりで忙しいので、ブログは全く更新しなくなりました。
もう更新しなくて半年が経とうとしているので、気まぐれに1エントリ書いておきます。

表題のYouTubeビデオですが、私のお気に入りの1本です。
テニスを気まぐれで始めたのが1年半前、つまりそれまでは全く興味がなかったので、レジェンド=伝説的なプレーヤーはあまり知りません。それでもジョンマッケンローはとても有名なのは知っています。

現役、というよりもうこの人の時代が来たのではないか?と思っているのは、ジョンマッケンローの真似をしている、ノバクジョコビッチ選手。まぁ、サプライズなのか演出なのかは分かりませんが、こんなに素晴らしいショーが見られるのは、開催地ならではのこと。
日本もいつかこうした演出が出来るぐらいに、世間でテニスが盛り上がってくるといいな、と思います。

それはさておき‥‥

40代後半の後半でテニス始めるなんて気が違っていると思うでしょうが、正直言って、体は確かにそう言っています。膝や肘、腰や肩、かなりあちこちが痛いです。その痛さと反比例して上手になっていけばいいのですが、そんな甘い世界ではないです。
でも、この歳になって、すこしでも上達して行くって事は嬉しい事です。


それよりも今更ながら気付いた事を1つ(やっと本題に入る


テニスを始めて、発見(アハ体験)の多いこと、多いこと。YouTubeを見て研究したり、コーチの言う事と雑誌記事の書いてある事から気付きを得て、自分でさらに研究したり‥‥

「好きこそものの上手なれ」‥‥私の好きな言葉の1つなのですが、仕事でも何でも好きで夢中になると、誰から言われるわけでもなく、寝食を忘れて研究します。試してみます。お金も払います。

つまり、自己動機(モチベーション)って何をやるにしても最大の武器なのですね。仕事ではマネージメント面を求められているものの、いかにモチベーションを持たせるかが、成果を出すためには最重要課題だという事が体感して分かるわけです。

続きを読む "「好きこそものの上手なれ」" »

「僕が見るんだよ!」 - Macintoshと古代ギリシャのフィディアス


デザイナーvs.エンジニアのバトルはMacintoshでも起きていた
ちょっとうっかりしているうちに、1ヶ月近くもブログ更新してませんでした。ちょっと気が向いたので、Gizmodeさんの記事をネタに書いてみたいと思います。


思い出すと、2001年にApple社主催のWWDCという開発者会議が、サンノゼで開催されました。当時はAppleにSteve Jobs氏がCEOとして戻ってきていて、Mac OS Xが発表されたばかりのタイミングでした。


当時のWWDCのメイン会場がサンノゼにあるシティホールという非常にローカルな会場で、周辺の施設に分散しながら開催された事を覚えています。


日本からの参加者は意外と多く、1つのホテルに割と集まっていた気がします。そこからCalTrainという電車に乗ってサンフランシスコまで遊びに行ったりしました‥


今はWWDCのチケットは数時間で売り切れる程の規模となっていて、とても規模を比較出来ないのですが、2001年当時は、Japanセッションという日本人向けの時間があり、今はマクドナルドの社長になっている方が、壇上で日本人参加者を前に、様々なデベロッパサポートの話をしていました。


さて、そうした話の中でも私が未だに自慢しているのは、最終日にApple社キャンパスの中庭で、Apple社のエンジニアを囲んで呑むという交流パーティがあり、Apple社のキャンパスに入った事です。


さらに自慢すると、Apple社のキャンパス入り口に、確か「Our Founder」と書かれた「Apple I」の基盤が展示されていた事を思い出します。そう、無骨な回路基盤です。



最近入社したアナログ・エンジニアのジョージ・クロウが、スティーブに反論しました。「PCボードの見た目なんか、誰が気にするんだよ? 大事なことはただひとつ、どれくらいちゃんと動くかだ。誰もPCボードなんか見るわけない。」

スティーブが強く言い返します。「僕が見るんだよ! 僕は、PCボードだってできるだけ美しいものにしたいんだよ、たとえそれが箱の中にあったってね。素晴らしい大工なら、キャビネットの裏側にだって悪い木は使わない、誰もそんなところ見なくても。」

デザイナーvs.エンジニアのバトルはMacintoshでも起きていた

そう、自分の関わる仕事である以上は、誰も見ない所にも最大限の努力をする。特に「美しさ」という点においては、何者にも優先する。

そんな姿勢が見えた気がした会話です。

確かに(当時の)Sun Microsystemsのメンロパークにある(当時の)本社に行った事がありますが、Apple社の本社の方がずっとキレイでした。

こうした話を見て、ドラッカーの言葉を思い出しました‥‥‥

続きを読む "「僕が見るんだよ!」 - Macintoshと古代ギリシャのフィディアス" »

はんなりや - 地酒をカッブで呑める店


はんなりや [地鶏と創作小皿料理の店]
会社の近くのお店紹介している様で恐縮だが、ちょっと面白いお店を紹介。


はんなりやという和食のお店で、海産系がとても美味しいお店です。

先日、米国に長く駐在している方が、久々に日本に戻るというので呑み会があり、軽い部外者なのですが参加してしまいました。

写真にある様に、日本全国の銘酒の「カップ酒」が呑める店です。

これとは別に、会社の近くに銘酒を出すお店「吟吟」があり、ここも日本酒通にはたまらないお店です。

吟吟もそうですが、大抵のお店は冷蔵庫に入っている一升瓶からコップに入れてくれるパターンがほとんどだと思います。しかしはんなりやは、飲みきりサイズで意外性が高くて良かったです。

勿論、「吟吟」も「はんなりや」も、料理や肴は非常に美味しいので、その点は心配ありません。

続きを読む "はんなりや - 地酒をカッブで呑める店" »

GacharicSpin - 「かわスゴイ?」バンド




たまたまYouTube見てたらスーパーベーシストのナルチョ(成瀬氏)のベース講座DVDの並びに、『「スラップ・ベース超入門」 FチョッパーKOGA [gacharic spin] 』というベース講座が載っていた。

かわいい女の子がベース教室しているのかな?「けいおん」の流行りもあるしな‥‥などとナメてかかって‥‥ビックリした。
(確かにスゴイかわいい女の子なんだが、ビックリするのはかわいい部分ではない。)

こりゃスゲーのが出てきた。とにかく上に貼ったYouTubeを見るべし。(前半だけでも)

ちょっとばっかりの音楽経験でモノを言ってはいけないとは思うが、センス(才能?)と何よりも努力がハンパない量だと思う。それでもそこに至らない人も多いのだから、これは並ではないだろう。

続きを読む "GacharicSpin - 「かわスゴイ?」バンド" »

CAPTCHAの進化 - 究極の広告手法


Say Hello to CAPTCHAs as Advertising
例えば、無料のメールサービスに登録しようとして、「人間であることの確認」として、上の画像にあるように、企業のロゴやタイライン・メッセージを入力する様になっていたらどうだろう?

ナイキであれば「Just Do It」とタイプする事になる。そんな広告のイノベーションが紹介されていた。

Captcha自体のイノベーションの例は、以下の記事で紹介していた。


この「判読不能な文字列」を、先の機械的アカウント取得を防ぐCaptchaと呼ばれる文字列にして、(半ば)強制的に人間に解読させるプロジェクトを推進している。もう4万以上のサイトに採用されていて、計算上では1日あたり160冊の本(もしくはその類)に該当するレベルらしい。

こうすれば、人間が間違わない様に解読して入力する事となる。本当に合っているのか間違っているのかは、同じ「判読不能な文字列」を複数に人に試して、多数決で決めればおよそ合っているだろう。

これは気がつかなかったイノベーションだ。
スパム除けのイノベーション

今度はスパム除けを広告に転換する「イノベーション」である。間違ってタイプすると登録エラーになるので、注視してタイプする事になる。自社の広告向けメッセージや企業メッセージを、ユーザが注意深くタイプすると想像するとどうだろうか?企業にとってはこれほどの広告媒体はないかも知れない。

これは意外と気がつかなかったイノベーションだ。

同様に注視する「何か」はないだろうか?オンライン上の挙動であればさらにいいのだが‥‥と考えてみると‥‥

続きを読む "CAPTCHAの進化 - 究極の広告手法" »

ビデオシーバー - まだ来ぬ21世紀


ウルトラセブン ビデオシーバー?

最近すっかりブログをサボってしまったが、仕事が忙しいとか、全く書く気がなくなったとか、原因はそういった事ではなく、これまで書いてきた入手した情報に対して考察する、という事がある意味で仕事に非常に近くなってしまった事が理由である。

それでも気を取り直して、すこしづつ書き始めたい。

というわけで再開第一弾は、「ビデオシーバー」である。

なんだそれ?という方はこの先を読んでもあまり面白くないかも知れない。


私が幼少の頃に夢中になったテレビ番組は沢山あるが、今でも子供心に「難しい」と思ったのが、ウルトラセブンである。今でもファンの方々が沢山いるのだが、私がそこに感じたのは「未来」だった。

ウルトラセブン ビデオシーバー?
そのウルトラセブンの通信機器が「ビデオシーバー」である。ビデオシーバーはここのページに非常に詳しく書かれているので、引っかかりのある人は、ぜひ思い出して欲しい。

本当40年前ぐらいに、こんな事「考える人って」本当にスゴイなぁと思います。

未来=21世紀という子供の認識だったので、21世紀には「これがある!」と夢見ていた。


さて、今は21世紀。一向にそれはやって来ない


やっとSkypeが実現させてくれそうだ。かのSF作家のジュール・ヴェルヌは「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる」と言っていた。事実、そうした夢のような物事を「想像」し、それを「実現」してきた事は沢山あるだろう。

NHK大河ドラマ「龍馬伝」でも、龍馬が「いつか身分のない世界がやってくる、それを作る」といった事を言っていて、周りの人を驚かせます。

企業でもそうでしょう。「○○で世界一の会社になる」と言う会社は、本当になるかも知れませんし、その努力は弛まぬものでしょう。

続きを読む "ビデオシーバー - まだ来ぬ21世紀" »

より以前の記事一覧